初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

中部地方

[静岡県浜松市] 内科系 遠州病院

経験豊かな指導医や専門医の指導のもとに地域の救急医療を担い、プライマリーケアを学ぶこと出来る環境です。
上部・下部消化管の内視鏡シミュレーターを導入することより、消化器内科の専門医を目指す後期臨床研修医は最新の医療機器を使用して、専攻科での専門的技術を習得することができます。

[愛知県 名古屋市] 家庭医 協立総合病院

日本医療福祉生活協同組合(医療福祉生協連)に設置された家庭医療学開発センターの 指導のもとに、東海地方を中心に展開する家庭医後期研修プログラムであり、地域に必要な家庭医養成を目指して平成19年度より開始された。

病院と診療所が連携しながら研修を行う特徴がある。


[愛知県 名古屋市] 精神科 協立総合病院

初期臨床研修修了後の3年間を基本として、精神科の専門的な知識と技能を備えるとと もに日本精神神経学会の精神化専門医資格を得ること を目的とします。

総合病院の精神科(心療内科)である長所を生かし、専門的な立場から全人的医療、プ ライマリ・ケアに対処しうる能力を修得します。


[愛知県 名古屋市] 内科 協立総合病院

病院で働く内科の総合医として3年間のホスピタリスト養成のプログラムを開発し、内科専門医に分化す る前の研修を統一するとともに、施設基盤型の専門医として、日本の実情、これからの病院医療の実情にあったホスピタリストを養成してゆく。

[岐阜県羽島郡] 整形外科 松波総合病院

日本整形外科学会の教育プログラムに準じて整形外科研修を行い、専門医として必要な臨床経験、知識、技術の習得を目標とします。

[岐阜県羽島郡] 総合内科 松波総合病院

総合内科では、当院での研修医内科研修教育の中心を担っています。また、当院内科は垣根の低い専門分化をしており、各診療科の協力を得て、消化器・ 呼吸器科検査などにも参加しており、幅の広いルーチンの習得を行ないます。

[愛知県名古屋市] 内科系コース 総合病院 南生協病院

南生協病院での専門研修とともに、地域における医療や介護に総合的に関わることを介して、地域住民の暮らしを支えます。内科系後期研修では、南医療生協が運営する診療所での研修も行ないます。

[愛知県名古屋市] 外科系コース 総合病院 南生協病院

南生協病院での専門研修とともに、地域における医療や介護に総合的に関わることを介して、地域住民の暮らしを支えます。単独で外来・病棟・救急(当直)での基本的対応、手術における麻酔手技・管理、一定手術の執刀(難易度による)が安全に行えること等を身につけていきます。

[静岡県沼津市] 泌尿器科 聖隷沼津病院

当院における泌尿器科専門研修では泌尿器科診療における基礎的知識・技術を身につけ泌尿器科専門医の資格を得ること、さらに泌尿器科専門医として独立して泌尿器科の基本疾患に対応できる実力を養うことが目的である。 日本泌尿器科学会や関連学会にも積極的に参加してもらう。

[静岡県御殿場市] 整形外科 フジ虎ノ門整形外科病院

1.臨床現場で活躍できる整形外科専門医育成を目的とする。
2.充実した教育、多くの実践により多くの技能を修得する。
3.研修終了後は関連病院のスタッフ、他病院への就職・開業を支援する。

[愛知県一宮市] 内分泌・糖尿病内科 総合大雄会病院

内分泌疾患全般および糖尿病やメタボリックシンドロームの診療を行っている。
内分泌疾患では甲状腺疾患を中心に下垂体、副腎、副甲状腺などの各種疾患の診療を行っている。
糖尿病診療は、医師とともに看護師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士、運動療法士がチームで治療にあたっている。

[愛知県一宮市] 麻酔科 総合大雄会病院

 まずは、標榜医および麻酔科認定医を取得するための技術を習得する。さらに、麻酔科専門医を取得するための経験と知識を深める。

[愛知県一宮市] 小児科 総合大雄会病院

小児病棟14床、新生児病床6床
年間入院患者数700名、外来患者数25,000名
スタッフ:5名(小児科専門医4名)

[愛知県一宮市] 脳神経外科 総合大雄会病院

脳神経外科疾患の診断および治療を行うが、脳神経外科医が24時間常駐する脳卒中センターを有し、脳卒中急性期疾患を主体とする。

[愛知県一宮市] 外科 総合大雄会病院

主な専門領域 : 消化器外科、呼吸器外科、血管外科、乳腺内分泌外科、 当院の麻酔科、心臓外科へのローテートが可能

[愛知県一宮市] 泌尿器科 総合大雄会病院

当院泌尿器科は、腎不全と尿路および男性生殖器に関する多様な病態を取り扱う専門診療科である。
その中で、慢性腎不全と尿路男性生殖器疾患に分けられる。
慢性腎不全は保存期から透析導入・維持透析までのすべての病期を管理治療し、透析合併症に対しても積極的に治療に対処している。