初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

内科・総合内科

【長野県佐久市】 腫瘍内科 佐久医療センター

悪性腫瘍に対する化学療法を中心とした治療を行います。患者さんには、可能な限りこれまでの社会生活を送りながら治療を受けていただくことを目標に治療方針を決定します。
また、臨床試験や治験にも積極的に参加し、新しい薬剤や治療法をいち早く取り入れるように心がけています。

[埼玉県さいたま市] 総合内科 彩の国東大宮メディカルセンター

さいたま市北部の基幹病院として、臨床研修指定病院の名に恥じない体制を整えております。
診療体制はさらに専門領域を強化し、一方では救急医療の充実を図っております。
患者本位の医療を実現するために、各診療科の専門性の向上に努め、地域内の他の医療機関との連携も進めています。

[東京都武蔵村山市] 総合診療科 武蔵村山病院

<後期研修新専門医制度に対応>
common diseaseをくまなく診療する方針を掲げ、地域の中核病院として役割を担っています。中規模医療圏とへき地医療圏の2つの異なる医療圏での医療・介護領域の総合的な研修を通して、質の高い総合診療医の育成を目標としています。
将来、様々な疾病を横断的に診療することを目標とする医師を目指して一緒に学びませんか。

[静岡県浜松市] 内科系 遠州病院

経験豊かな指導医や専門医の指導のもとに地域の救急医療を担い、プライマリーケアを学ぶこと出来る環境です。
上部・下部消化管の内視鏡シミュレーターを導入することより、消化器内科の専門医を目指す後期臨床研修医は最新の医療機器を使用して、専攻科での専門的技術を習得することができます。

【大阪府泉佐野市】内科系 りんくう総合医療センター

「軸足は地域に、目線は世界に」の合言葉のとおり、常にグローバルスタンダードを見据えた最高レベルの医療を追求しています。
その領域での専門医、指導医がそろっており、専門医資格を取得することを目標としています。

[兵庫県姫路市] 内科 ツカザキ病院

教育熱心な指導医が多くいることが当院の特徴に挙げられます。
当院の指導医達は積極的な学会活動を行ったり、高度な手技をもつ優秀な医師をお招きしての勉強会を積極的に企画するなど、その向上心はとどまることを知りません。日進月歩の医療業界では「立ち止まること=後退すること」と考える風潮があります。
ベテラン医師の「自分の腕に満足することなく学び続ける姿」を見て育った若い医師は、そのマインドを確実に受け継いでくれています。

[愛知県 名古屋市] 内科 協立総合病院

病院で働く内科の総合医として3年間のホスピタリスト養成のプログラムを開発し、内科専門医に分化す る前の研修を統一するとともに、施設基盤型の専門医として、日本の実情、これからの病院医療の実情にあったホスピタリストを養成してゆく。

[広島県広島市] 内科系(循環器科/消化器科/内分泌・代謝科) 福島生協病院

内科の総合的な臨床能力を獲得する
内科各科の基本的疾患の病態生理、診断、治療を理解するとともに、基本的手技の適応、合併症を理解、実践できる環境です。内科関連学会の地方会や民医連主催の研修会には積極的に参加しています。
 

[岐阜県羽島郡] 総合内科 松波総合病院

総合内科では、当院での研修医内科研修教育の中心を担っています。また、当院内科は垣根の低い専門分化をしており、各診療科の協力を得て、消化器・ 呼吸器科検査などにも参加しており、幅の広いルーチンの習得を行ないます。

[埼玉県春日部市] 内科 春日部中央総合病院

日本内科学会認定医制度教育関連施設でもあり、資格を取りたい医師や内科系の各専門診療科もありますので、各科での研修・研鑽も可能です。

[愛知県名古屋市] 内科系コース 総合病院 南生協病院

南生協病院での専門研修とともに、地域における医療や介護に総合的に関わることを介して、地域住民の暮らしを支えます。内科系後期研修では、南医療生協が運営する診療所での研修も行ないます。

[神奈川県川崎市] 総合内科・腎臓内科 川崎幸病院

日常診療に加え、全国トップクラスの救急車受け入れ件数のある救急・総合診療部での日直、当直業務において幅広く common diseaseのプライマリケアを深めることができます。また腎臓内科に特化して研修を受けることも可能です。
具体的には日本内科学会認定内科医に加え、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会専門医、日本内科学会総合内科専門医などの取得に向け研修していただけます。

[埼玉県狭山市] 総合内科 埼玉石心会病院

地域医療の専門家として救急医療から入院診療、退院調整や介護サービス調整、在宅医療や定期外来フォローまで、一貫してマネジメントする主治医能力を自慢のスキルとして持っています。臓器別専門医というスペシャリストの視点ではなく、多臓器に問題を抱えた一人の患者を診るジェネラリストの視点、多様なニーズに柔軟に対応するのが総合内科医の目指すべき医師像です。
「幅広い患者のニーズに応えたい」「患者さんや家族との人間的なふれあいを大切にしたい」「救急から在宅まで一貫して患者さんと関わりたい」といったジェネラリストを目指す初期研修医に限らず「将来、開業したい」「在宅診療をしたい」「他科から内科へ転向したい」「子育てと両立して仕事をしたい」といった研修希望にも柔軟に対応します。

[千葉県松戸市] 内科 千葉西総合病院

千葉西総合病院では、2年次の研修を修了した者へ、また、さらなる専門研修を志す者へ、スタッフの常勤医師として、研修指導に関わりながら希望に応じて柔軟に研鑚できるカリキュラムを作成します。当院は、各種学会認定医、専門医施設となっており、それぞれの科において認定医、専門医の修得が可能です。
スキルアップを目指す皆様をお待ちしております。

[栃木県鹿沼市] 内科 上都賀総合病院

地域住民の総合病院として、保健・医療・福祉活動を介して、地域社会の発展に貢献しています。
後期研修の目的はプライマリーケアから専門的医療まで、幅広く内科全般の診療能力を身につけることです。

[大阪府大東市] 内科 野崎徳洲会病院

初期研修の後に総合内科の後期研修を組みました。 総合内科を目指す人は勿論のこと、専門医前の基礎研修として、透析医 糖尿病医 リハビリ医等の基礎研修としても役立つものです。 内科医として一人立ちするのに必要な研修内容になっています。

[福岡県福岡市] 内科系 白十字病院

初期研修で学んだ幅広い医療の知識・技能からさらに専門的な医療を習得し、優れた臨床医を育成することを目的とする。

[東京都板橋区] 内科 板橋中央総合病院

新・内科専門医制度とそれにともなう各subspecialty専門医制度を全面的に支持し、内科系後期研修プログラムを内科レジデントプログラムとしています。期間は3年間です(中途編入も可能)

[兵庫県神戸市] 内科系コース 医療法人 川崎病院

中規模病院であり、各科の医師、スタッフとの連携が容易で、家族的な雰囲気の中でストレスなく研修できる。各医師にはコンピュータが支給されており、メールで院内の情報交換が行われている。また、常時インターネットを使用できる環境が確立されている。
なお、後期研修医の募集診療科は内科、外科で、内科研修医は一般内科研修に加えて、循環器、 消化器、糖尿病、腎透析の専門研修も並行して行い、さらなる専門的な技術や知識を習得し、 地域医療に貢献する臨床医を育成することを目的とする。

[宮崎県宮崎市] 内科・外科・小児科 宮崎生協病院

中小規模病院の特徴を最大限に活かし、患者様、地域住民、組合員、職員と距離の近い研修を研修医の希望も取り入れながら研修できます。
WHOの提起している「5つ星医師」を研修目標とし、真に地域に求められる医師育成を全職員参加のもと行います。
「地域医療」にこだわり、在宅医療や離島医療研修も行います。

[福岡県福津市] フリーコース 宗像水光会総合病院

各学会が認めるカリキュラムに準拠したプログラムです。 不足分野症例があれば他施設(大学)での出張研修も行うこともあります。

[沖縄県名護市] 内科・外科・その他 北部地区医師会病院

琉球大学附属病院(三次医療機関)と地域の中核をと担う臨床研修病院(二次医療機関)及び診療所(一次医療機関)地域医療・保健を推進している診療所・施設等との綿密な連携をとっています。

[千葉県松戸市] 総合内科 新松戸中央総合病院

専門化・高度化している内科の各専門科目を自由にローテートできるよう設定してあり、幅広くかつ深い知識・技術を身に付けることができる。

[石川県七尾市] 内科一般コース 恵寿総合病院

当院における後期研修では、初期臨床研修での全人的医療を踏まえつつ、地域に密着する医療を通して、プライマリーケアから専門的分野までの医療技術の習得を目指します。研修の終了時に、各専門領域の認定医や専門医が取得できる知識・技能を身につけることを研修の目標とします。

[石川県七尾市] 心臓血管センター 恵寿総合病院

当院における後期研修では、初期臨床研修での全人的医療を踏まえつつ、地域に密着する医療を通して、プライマリーケアから専門的分野までの医療技術の習得を目指します。研修の終了時に、各専門領域の認定医や専門医が取得できる知識・技能を身につけることを研修の目標とします。

[大阪府大阪市] 総合内科 医誠会病院

救急を含めたプライマリケアも十分にこなせ、トリアージもできる実践的な総合内科医の育成を目的に総合内科後期研修プログラムを組んでいます。複数の専門内科をいくつか組み合わせてローテートし最後に総合内科の指導を受ける、と言う3年間の充実したプログラムです。
実践的なトレーニングを受けることを主眼にプログラムが組まれています。

  • 総合内科、プライマリケア医、家庭医を志望する医師。
  • 専門科(内科系)を決める前に、もう一度じっくり内科ローテートを行いたい医師。
  • 救急処置などを身につけたい内科医師。この後期研修途中で各専門内科への移行、外科系への転科も受け付けます。