初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

総合診療科・家庭医

[千葉県鎌ヶ谷市] 内科 鎌ヶ谷総合病院

鎌ケ谷総合病院の平日平均外来数は約850名、救急搬送件数月500件以上、手術件数月250件以上となっており、熟練の医師の指導のもと、非常に多くの症例に係る事ができ、様々な要望にオーダーメイドな研修を提供します。

[大阪府堺市] 総合診療科 耳原総合病院

耳原総合病院の内科は「○○の得意な一般内科」を目指します。
○○には循環器、消化器といった従来の臓器別専門分野と、感染症、緩和ケア、高齢者医療といった横断的分野が入ったりします。
・自由選択制 or コース選択のキャリア形成
・キモは内科全体の横断的カンファレンス、回診、振り返り
・これから地域で求められる内科医像
・ER、外来、病棟、在宅~どんな臨床場面でも「役に立つ」医師
・必要に応じて「得意分野」を磨く
当院では5つのキーワードを軸にした研修要請プログラムを提供します。

【長野県佐久市】 総合診療科 佐久総合病院

平成 13 年より「総合診療科後期研修プログラム」を開設し、数多くのジェネラリストを育成してきた。平成 20 年からは、地域医療を担う「家庭医」を養成する目的を明確にした「地域医療部後期研修プログラム」に発展し、新たな一歩を踏み出しました。
主に診療所や小規模病院で働く「家庭医」だけでなく、中・大規模病院のジェネラル部門で働く「病 院総合医」の必要性もさらに高まっている。数多くの病院総合医を育成する必要があると考え、「病院総合医養成後期研修プログラム」を開設。

[東京都武蔵村山市] 総合診療科 武蔵村山病院

<後期研修新専門医制度に対応>
common diseaseをくまなく診療する方針を掲げ、地域の中核病院として役割を担っています。中規模医療圏とへき地医療圏の2つの異なる医療圏での医療・介護領域の総合的な研修を通して、質の高い総合診療医の育成を目標としています。
将来、様々な疾病を横断的に診療することを目標とする医師を目指して一緒に学びませんか。

[埼玉県三郷市] 総合診療科 みさと健和病院

在宅医療の草分け的存在として全国的に知られた柳原病院が母体となった病院です。みんなで作ったみんなの病院を掲げ、急性・緩和ケア病棟・回復期リハビリ病棟・地域包括ケア病棟を中心にした医療に取り組んでいます。
また、40代の方が多く活躍されており、学会認定指導施設の為、後期研修医の方も多く活気ある環境です。
地域医療に積極的に関わって行きたい先生におすすめです。

[大阪府阪南市] 総合診療科 阪南市民病院

平成23年に公立病院の民間による指定管理運営を開始し、平成25年には7階建ての新病院で新しい一歩を踏み出しました。在宅医療や終末期医療等、家庭医の広い知識や技術が求められます。 24時間救急受け入れ拡大、地域に必要な各専門診療科も拡充。地域中核病院として必要な治療設備を整備しました。

185床の中規模病院です。小回りが利き、各々の医師のニーズに応じたプログラムが組め、幅広くトレーニングができるため、確実にスキルアップに繋がります。 さまざまな経歴を持った指導医から総合診療を学ぶ事が出来ます。

[神奈川県海老名市] 総合診療科 海老名総合病院

県内の民間病院では初めて地域医療支援病院の認可を受けている。より地域に密着し多くの医療機関や福祉施設と連携した医療提供を実感しながら医師をはじめ、多くの医療職を育てる教育的機関でもあります。

平成22年に新設され、感染症(肺炎、尿路感染症、髄膜炎、蜂窩織炎など)を中心に、電解質異常、膠原病、不明熱や体重減少の患者さん、更には入院加療が必要な帯状疱疹、褥瘡等も担当しております。
また、毎年入職してくる6名の臨床研修医の教育にも力を注いでおります。若手医師がいきいきとした病院は、その地域にとって間違いなく良い病院であり、当科がその様な病院作りに貢献出来れば…と考えております。

[愛知県 名古屋市] 家庭医 協立総合病院

日本医療福祉生活協同組合(医療福祉生協連)に設置された家庭医療学開発センターの 指導のもとに、東海地方を中心に展開する家庭医後期研修プログラムであり、地域に必要な家庭医養成を目指して平成19年度より開始された。

病院と診療所が連携しながら研修を行う特徴がある。


[福島県福島市] 家庭医療 わたり病院

診療所における一般的臨床問題の解決能力、在宅診療のリーダーとしての技能、小児科、小外科、婦人科、地域でのヘルス・プロモーション、予防医療、患者教育、 1年間の診療所研修と、残りの2年半は、病棟所属で総合医的病棟医としての業務、外来中心の業務を担当する。研修施設としては医療生協わたり病院を中心に本人の希望により福島県民医連内の他院所で 1年程度研修する。

[北海道釧路市] 家庭医コース 釧路協立病院

釧路協立病院では「広大で多彩な土地柄」「地域住民との心理的距離の近さ」という背景を活かし、「濃厚な実践経験」に「家庭医療の学習環境」を加えることで、『地域で活躍できる家庭医』を堅実に育成しています。 3年間のプログラムの中で、北海道各地の特色ある地域を渡り歩きながら、総合内科病棟・在宅診療・診療所・小児科・選択研修を経験していただき、家庭医療学会認定「家庭医療専門医」および、日本内科学会認定「認定内科医」の受験資格を取得できます。

[愛媛県松山市] 家庭医 愛媛生協病院

都市型診療所を拠点とする家庭医に求められるコンピテンスを勘案し、内科、老年医学と小児科(小児保健)の比較的深い知識と技術の獲得を強調したローテーションスケジュールを組織する。また、個別ローテートで設定しない領域については教育診療所研修期間中に可能な形とする。また精神科領域については、行動科学、 psychosocial medicine として通年的に学ぶ課題として設定する。提携施設におけるオプション科研修はブロック( 1 ヶ月) + ハーフディバックを基本と設定する。

[大阪府東大阪市] 一般内科(総合診療科) 若草第一病院

2年間で日本内科学会認定内科医に必要な内科系9分野の疾患の担当ができるよう、総合診療科での研修を中心に行う。また、2次救急の当直を担当し、救急医療に関しての研修も行う。
前期研修のうち2年間は、常に指導医とともに原則として入院症例を中心に診療を実地に行うことを基本とし、順次外来診療の研修も行う。

[埼玉県上尾市] 総合診療科 上尾中央総合病院

プライマリ・ケアの観点に立ち、救急外来診療および、各専門科が対応できない患者さんを診療することにより、家庭医や病院総合診療医(ホスピタリスト)へとつなげるための総合診療を習得していただきます。

[大阪府大東市] 総合診療科 野崎徳洲会病院

研修の症例は日々の救急患者、時間外患者、外来患者からのものが主体となる。その中で入院となった症例の担当はその研修医が行なう

[東京都北区] 家庭医コース 東京ほくと医療生活協同組合 王子生協病院

3つの領域を地域病院における総合診療の文脈で展開できるコンピテンシー獲得を目指す。1.  患者中心・家族志向の医療を提供する能力、2.  包括的で継続的、かつ効率的な医療を提供する能力 、3.  地域・コミュニティーをケアする能力

[宮崎県宮崎市] 家庭医療学 宮崎生協病院

地域のプライマリーヘルスケアを担える医師として、基本的な能力を修得するために、最終的に以下の3つの点を獲得目標としています。
・主治医としての総合的診療能力の獲得
・医療チームのリーダーとしての力量獲得
・医師の社会的役割を自覚する視点の獲得
以上を視野に入れ、専門科にこだわらない基礎的かつ総合的な力量を獲得し、その後の各科専門の研修に入った場合にも、すべての症候や疾患、または患者を取り巻く諸問題に対して適切な対応ができることを目標とします。

[石川県七尾市] 家庭医療学センターコース 恵寿総合病院

当院における後期研修では、初期臨床研修での全人的医療を踏まえつつ、地域に密着する医療を通して、プライマリーケアから専門的分野までの医療技術の習得を目指します。研修の終了時に、各専門領域の認定医や専門医が取得できる知識・技能を身につけることを研修の目標とします。

[東京都板橋区] 家庭医および病院総合医コース 小豆沢病院

小豆沢病院は、都内最小の基幹型臨床研修指定病院(2011年度より協力型に移行予定)として、「地域医療のプロフェッショナル」を目指す複数の初期研修医と後期研修医の受け入れを行っています。