初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 総合診療科・家庭医 | 関東地方 | 東京都 | 100~300床 |

[東京都板橋区] 家庭医および病院総合医コース 小豆沢病院
小豆沢病院は、都内最小の基幹型臨床研修指定病院(2011年度より協力型に移行予定)として、「地域医療のプロフェッショナル」を目指す複数の初期研修医と後期研修医の受け入れを行っています。
当院の後期研修プログラムは、研修終了後に中小病院を主なフィールドとして活躍する医師を目指す「病院総合医コース」、診療所を主なフィールドとする「家庭医コース」の2つが準備されています。
ともに地域の第一線医療を担う力のある臨床医を育成するコースで、初期研修で培ったプライマリ・ケアを実践する基礎的な力量をいっそう発展させ、ジェネラリストとしての総合性のうえに一定の専門性(サブスペシャル)を持ち、2次救急に対応できること、そして病院・診療所での入院・外来の医療とともに、特に在宅と高齢者の分野で質の高い医療を展開できる力量の獲得を目指します。

病院内においては他職種とともにチーム医療を実践し、病院外に向けては地域の大小の医療機関や介護・福祉施設、行政も含めた地域連携をマネージメントできる力量が求められます。
「家庭医コース」と「病院総合医コース」の2つ後期研修プログラムを通じて、医療・福祉のネットワークの要となる地域の中小病院・診療所で活躍できる「地域医療のプロフェッショナル」といえる医師を養成したいと考えています。
1.家庭医コース 小豆沢病院家庭医後期研修プログラム「あずさわ」
日本プライマリ・ケア連合学会の認定プログラムであり、3年間の後期研修終了後には家庭医専門医の受験資格が得られます。診療所の所長を担える力量の獲得を目指し、1年目は屋根瓦方式による初期研修医の相談役を担いつつ、小豆沢病院の内科急性期の病棟を中心にした研修と、小児科・外科などへのローテート研修も行います。
2年目は診療所と病院の間をhalf-day-back方式で行き来して、地域での継続医療の視点を学びます。
3年目は診療所を中心に研修を行います。3年間の後期研修を通じて、在宅医療に強く、地域を丸ごと診られる家庭医になるための研修を行います。

2.病院総合医コース
3年間の研修期間を通じて、内科急性期病棟を中心にしながら外来・往診・検査などの研修も継続し、在宅医療と高齢者医療に強い、内科ジェネラリストとしての力量を構築します。
チーム医療と地域連携のマネージメント力の獲得、リハビリテーション医療の理解を目的に、回復期リハビリテーション病棟と亜急性期病棟での研修も一定期間位置づけます。
屋根瓦方式による初期研修医の相談役・指導医なども経験します。
後期研修の2年目もしくは3年目には、日本内科学会の認定施設で1年間の外部研修を行って内科認定医を取得し、後期研修終了後の専門性(サブスペシャル)獲得に向けた準備期間としても位置づけます。
病院名 医療法人財団健康文化会 小豆沢病院
所在地 東京都板橋区小豆沢1-6-8
病院長 / 出身大学 篠田 格/信州大学
病床数 一般病棟(94床)
回復期リハビリテーション病棟(40床)
人工透析施設(28床)
病院ホームページURL http://www.kenbun.or.jp/
認定施設 厚生労働省指定基幹型臨床研修指定病院、日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設群、日本栄養療法推進協議会 NST稼動施設、東京消防庁指定救急救命士再教育施設など
プログラム種別 家庭医コース・病院総合医コース
モデル給与:年収900万円~1000万円
後期研修1年目(卒後3年目)~3年目(卒後5年目)