初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| その他科目 | 麻酔科 | 中部地方 | 愛知県 | 300~500床 |

[愛知県一宮市] 麻酔科 総合大雄会病院

<研修項目>

1年目:
1.初期研修の期間に習得した技術の確立。
2.硬膜外麻酔ができるようになる。
3.指導医の下、小児の麻酔が管理できる。
4.指導医の下、大血管の麻酔が管理できる。
5.指導医の下、分離換気を用いた肺手術の麻酔管理ができる。
6.指導医の下、帝王切開の麻酔管理ができる。
7.指導医の下、緊急手術の麻酔管理ができる。
8.バックアップ付の麻酔・ICU当直ができる。
9.地方会レベルの学会発表をめざす。
10.発表した内容を論文にする。

2年目:
1.リスクの無い全身麻酔あるいは硬膜外併用全身麻酔が一人でかけられる。
2.リスクの高い患者の麻酔計画を立て指導医と共に実施できる。
3.リスクの高い患者に対し麻酔の説明を正しくできる。
4.挿管困難症例への対処法を取得する。
5.原則的に一人で麻酔・ICU当直ができるようになる。
6.全国会レベルの学会発表をめざす。
7.発表した内容を論文にする。

3年目:
1.心臓手術の麻酔管理ができる。
2.手術中の緊急事態に対処できるようにする。
3.リスクの高い患者の麻酔管理も原則的に一人でできるようになる。
4.ほとんどの麻酔管理を一人で行なえるようにする。
5.1年目、2年目の後期研修医を指導することで指導医としての立場を自覚し、自らの言動に責任を持てるようになる。
6.手術全体を見渡せる指揮者としての立場を自覚し、周りのスタッフに的確な指示を出せる
病院名 医療法人大雄会 総合大雄会病院
所在地 愛知県一宮市桜一丁目9-9
診療科目 内科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、内分泌・糖尿病内科、血液内科、外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科、小児科、耳鼻いんこう科、眼科、皮膚科、リハビリテーション科、精神科、心療内科、救急科(救急救命科)、麻酔科、放射線科、歯科、歯科口腔外科、病理診断科
病院長 / 出身大学 中北 武男/名古屋市立大学
病床数 322床(うちICU8床)
病院ホームページURL http://www.daiyukai.or.jp/
認定施設 日本内科学会認定医制度教育施設、日本循環器学会認定循環器専門医認定施設、日本消化器病学会専門医制度認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医制度認定教育施設、日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院、日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設、心臓血管外科専門医認定修練施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設、日本小児科学会小児科専門医研修施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本皮膚科学会認定専門医研修施設、日本形成外科学会教育関連施設、日本熱傷学会熱傷専門医認定研修施設、日本麻酔科学会麻酔科認定病院、日本集中治療医学会専門医研修施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本人間ドッグ学会 人間ドッグ専門医制度研修関連施設、日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設、日本口腔外科学会認定研修機関、日本がん治療認定医機構認定研修施設、ステントグラフト実施基準管理委員会ステントグラフト実施施設、日本栄養療法推進協議会NST稼動施設、日本静脈経腸栄養学会NST(栄養サポートチーム)稼動施設、日本病院会優良人間ドック施設、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会マンモグラフィ検診施設
プログラム種別 後期臨床研修 麻酔科プログラム
募集科目 麻酔科
身分
常勤医(1年毎の契約更新)
給与
常勤医師に準ずる
モデル年収:
1年目(3年次)約6,600,000円
2年目(4年次)約8,100,000円
夏冬の賞与のほか、定められた当直手当・時間外手当・通勤手当等が支給される
※入職した初年度の賞与は、期間計算となります。
加入保険
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
宿舎
職員寮、家賃の補助制度あり
休日
日曜日、祝日、年末年始休暇など常勤医師の例による
その他
院内保育室有あり、福利厚生あり