初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 外科系 | 外科 | 消化器外科 | 関東地方 | 埼玉県 | 300~500床 |

[埼玉県羽生市] 外科 羽生総合病院
 <プログラムの概要と特徴>
当院外科の提供する後期研修プログラムは、卒後3~4年目、厚労省指定臨床研修修了からの3年間であり、 日本外科学会専門医取得を目標としています。このため、3年間の後期研修中に、専門分野に分かれた複数 の指導医の下、専門医資格を得るのに十分な外科系臨床経験を積めるよう配慮されています。  
・特徴1
研修期間中に3~6ヶ月の研究タームを設け、主として症例報告および臨床研究に基づいた学会発表、論文作 成を指導し、全国または国際学会での発表・誌上報告を義務づける。
・特徴2
希望者には研修期間修了後の国内および海外留学を斡旋し、小さな社会だけの技術・経験に留まらない標 準的医療、科学的根拠のある診療から、国際社会に通用する知識・技術へと発展させる最初のステップを 提供する。
・特徴3
研修修了後の進路として、出身大学、その他の大学外科系教室への入局、大学院進学、一般病院への就職、 当院スタッフとしての残留等、適宜相談し、必要に応じて推薦状等を発行する。

<カリキュラム>
3年間の研修期間を3ヶ月づつ12タームに分け、各専門科目をローテートする。
必修:3科目(消化管外科、肝胆膵外科、呼吸器外科)+3年次研究期間(1~2ターム)
任意:3科目(救急医療・麻酔科、総合臨床・プライマリーケア、整形外科 
※ 必修3科目は期間を開けた2タームを義務付ける(初期・後期)
※ 5~6タームを選択とし、任意3科目および必修3科目目の再履修とする
 
<科目紹介>

 01 消化管外科
食道、胃、小腸、結腸、直腸、肛門の外科を専門とし、初期タームでは手縫いの消化管吻合の 基本と、消化管悪性腫瘍取り扱いを身につける。 後期タームでは機械吻合まで技術の幅を拡げ、 選択タームでさらに高度な技術を修得する。
 
 02 肝胆膵外科
肝、胆道、膵の外科を専門とし、初期タームでは肝胆道の解剖を理解し、胆嚢ドレナージ、 腹腔鏡下胆嚢摘出術を修得。
後期タームでは、胆道ドレナージ、内瘻化に技術の幅を拡げ、胆道手術と単純肝部分 切除術を修得する。
選択タームでは肝区域切除術、腹腔鏡下胆道手術、膵手術を経験する。
また、希望者は関連施設にて、生体肝移植の臨床を経験する。
 
 03 呼吸器外科/体表面外科
肺、乳腺、甲状腺、鼠径ヘルニアに加えて、抹消血管シャント手術、腹部大動脈瘤 手術を担当する。
初期タームでは、気胸に対するマネージメント、単純乳房切除術、甲状腺部分切除術、 ヘルニア根治術を修得し、後期タームでは腋窩リンパ節郭清を伴う乳房切除術および乳 輪温存乳腺部分切除術、胸腔鏡下肺部分切除術を経験する。
選択タームでは、開胸肺切除まで経験する
 
 04 救急医療/麻酔科
研修期間1~2ターム選択指導医源田、西田05 総合臨床または整形外科
研修期間1ターム選択指導医前田06 研究ターム
原則として研修3年次の連続した1ないし2タームで、外来を担当しながら病棟フリーとし、 主として症例報告や臨床検討に基づいて、研究のプランニング、論文検索の方法、データの 統計解析、スライド作成、論文作成法を修得し、ターム期間中または修了後に学会発表、 論文投稿が義務付けられる。
なお、国内外への発表の前段階として、当院を中心に発足した北埼玉消化器病研究会にて 報告を行う。
 
病院名 埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院
所在地 埼玉県羽生市上岩瀬551
診療科目 内科・循環器内科・和漢診療科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・歯科口腔外科・麻酔科・病理科・救急総合診療科
病院長 / 出身大学 松本 裕史/群馬大学 
病床数 311床
病院ホームページURL http://www.fureaihosp.or.jp/hanyuhp/
認定施設 厚生労働省指定臨床研修病院、日本内科学会認定医制度教育関連施設、日本外科学会外科専門医修練施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本脳神経外科学会専門医訓練施設 、日本麻酔科学会麻酔指導病院、日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設、日本救急学会認定救急科専門医指定施設、日本気管食道科学会研修施設など他多数
プログラム種別 外科系後期研修プログラム
募集科目 外科
勤務時間
平日8:30~17:00
土曜日8:30~12:30
夕診17:00~19:00
給与
後期研修医1年目 700万円/年
後期研修医2年目 800万円/年
後期研修医3年目 900万円/年
諸手当
当直手当、時間外手当、住宅手当、家族手当、通勤手当
住宅の提供
あり(借上げ住宅家賃半額補助)
休日
日曜日、祝祭日
休暇
年末年始(4日)、夏季休暇(4日)、年次有給休暇(10日~)
研究日
1日/週
学会
出張扱い(2学会まで年会費を病院補助)
赴任手当
あり(上限30万円)