初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| その他科目 | 精神科 | 関東地方 | 茨城県 | 300~500床 |

[茨城県坂東市] 精神科 ホスピタル坂東
医療人としての基本的事項の修得

<感性の練磨>
患者様やご家族様の身体的、精神的苦痛を感じ取れる感性と、それを和らげる知識、技術そして人格を習得することは、医療に携わる者にとっての最も重要な基本的事項である。感性の練磨には、患者様の訴えに十分耳を傾け患者様を理解するとともに患者様をとりまく人間関係に働きかけて多くの情報を得るとともに、あらゆる角度からその情報を分析して、患者様に係わる問題点を明確にすることから始まる。それを通して患者様を深く理解し共感して患者様や周囲への対応策が明らかになってくる。身体、精神の両面を診ていくこともあるが、これが全人的医療と考えられる。

<コミュニケーション能力の獲得>
医療人としてもっとも大切な資質のひとつはコミュニケーション能力である。医師が単独で診察することは少なく、患者様のご家族様はもちろん多くの職種の人々の協力のもと診療が行われる。この場合に必要なのがコミュニケーション能力である。挨拶し、言葉を交わし、話し合い、相手の気持ちを理解し尊重しつつ、自分の考えを述べることが出来る、相手を傷つけることなく謙虚な態度で臨む、そういったものが必要である。

<根拠に基づいた医療>
根拠に基づいた医療を行なうべきである。アセスメントを十分に行い、何故、どんな理由で診療を行うのか、根拠とプロセスを重視した医療を行なう。そのために報告・連絡・相談などをきちんと行い、あるがままの現実を受け止め、失敗を恐れず、どうしたら良い診療が行えるのかを前向きに考えていく姿勢を習得する。結果として情報開示にも耐えられる医療を行なう心構えが必要である。
日常の診療行為やカンファレンスなどで設問を繰り返し、修得する。
病院名 医療法人清風会 ホスピタル坂東
所在地 茨城県坂東市沓掛411
診療科目 精神科
病院長 / 出身大学 田中勝也/東京慈恵会医科大
病床数 470床/ 精神科370床(内、急性期36床)、一般病床70床、療養病床50床
医師数 15名
病院ホームページURL http://www.group-seifu.or.jp/howarei/main.html
認定施設 精神保健指定医、精神科専門医
プログラム種別 精神科
募集科目 精神科
勤務時間
平日 8:30~17:30
土曜日 8:30~12:30
給与
3年目標準:1100万円(当直手当含む)
夜間当直
月4回、土日の日直月1回
休日
日曜日、祝日
研究日
週1日
宿舎の提供

住宅手当あり、家賃の半額負担(上限8万円まで)
赴任手当
なし