初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| その他科目 | 麻酔科 | 関東地方 | 埼玉県 | 500床以上 |

[埼玉県上尾市] 麻酔科 上尾中央総合病院

科の概要>
7室の手術室を運営しており、麻酔科管理件数は年間3,200件を超えています。全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔の麻酔管理は麻酔科が全て行い、手術治療の質の向上に貢献しています。
外科系診療科は多岐にわたり、手術・麻酔のバリエーションが豊富です。

<到達目標>
後期研修が終了し、当院あるいは他施設で麻酔科診療を継続する際にほぼ単独で麻酔管理を行えるレベルを目標としています。

<研修プログラム内容>

・術前評価

待機的手術の術前評価を行い,麻酔計画を立てることができる
術前評価の内容を麻酔科で共有するための報告ができる
緊急手術の術前評価を行い,麻酔計画を立てることができる
外科系診療科,内科系診療科と共に術前評価の調整ができる

・麻酔準備
麻酔管理で使用するモニターの原理,正しい使用方法が分かる
麻酔管理に必要な薬剤,物品,モニタリングラインを準備できる
手術室看護師,パラメディカルスタッフと術前評価に関して情報交換,情報共有することができる

・麻酔全般
血管確保(末梢静脈,中心静脈,動脈カテーテル)が行える
マスク換気,気管挿管,ラリンジアルマスク挿入を行える
気管挿管やラリンジアルマスクの適応と合併症が理解できる
気道確保困難対処のアルゴリズムを理解し,実践できる
硬膜外麻酔,脊髄くも膜下麻酔の手技を身につけ適応や合併症を理解する
体位変換を必要とする麻酔・手術の注意点を理解し,実践できる
全身麻酔薬,鎮静薬,麻薬,筋弛緩薬の薬理を理解し,正しく使用できる
心血管作動薬の薬理を理解し,正しく使用できる
肺動脈カテーテルを挿入し,評価できる
分離換気を行うことができる

・その他
中央部門として各科との連携,看護師との連携等手術室の運営について理解する

<年次ごとの研修内容>

研修1年目
経験を積んだ麻酔科専門医とマンツーマンで症例を担当し,術前評価,麻酔準備,麻酔管理を学び,手技,知識を積み重ねていきます。
7~8回/月のオンコール待機を常勤医と共に行います。
・研修2年目
麻酔科常勤医とマンツーマンで担当しますが,成長度,手術内容などを考慮しながら指導医の関わりを徐々に減らし,麻酔管理の経験を積み重ねます。
・研修3年目
麻酔管理をほぼ1人で行えるレベルを目標とします。常勤医との情報共有を密に行い,コンサルトを受けながら麻酔管理を行い,スキルを上げて頂きます。成長によっては指導医が行う手術室運営のサポートを行い、病院内における手術室の役割を体験して頂きます。

<目標とするライセンス>
厚生労働省 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会 麻酔科認定医

研修担当者より>
手術は内容によっては患者さんの人生にとり、とても大きな出来事になります。麻酔科医はその大切な時間に深く関わる責任の重い仕事です。
麻酔科医には患者さんを痛みや手術侵襲から守り、手術を乗り越えるためのサポートをする役割があります。順調に病棟に戻られ、術後の回診で日に日に回復される患者さんを拝見することは麻酔科医として無上の喜びです。
反対に、苦しい麻酔管理を強いられることも少なくありません。このような時は最後まであきらめない熱意が必要になります。スマートなことばかりでは成り立たないのが医療です。
私たち指導医は患者さんに寄り添うことができ、麻酔科を熱心に学ぶ意欲のある研修医と仕事をしたいと思っています。
麻酔科が皆さんの後期研修を実りあるものにするために特に注意を払っている3つのことを次に示します。


1. 麻酔に対する情熱を持つ指導医
皆さんを指導する麻酔科医は,全員麻酔に対して非常に情熱的です。情熱を裏打ちする技術も有しています。患者さんが快適,安全に手術を乗り越えていただくにはどのような麻酔管理を行うべきかを常に考えている麻酔科医達です。指導の内容は具体的な時もあるでしょうし,皆さん自身が感じていただかなければならないこともあるでしょう。どちらにしても,麻酔に情熱を傾けていない麻酔科医からは良い指導は受けられません。
2. 豊富な症例数
短期間で多くの麻酔を経験することはとても重要なことと考えています。
経験の浅い頃は,毎日の麻酔の中から非常に多くのことを学ばなければなりません。学んだことを次に生かすことも重要です。順調に進んだことも,難渋したことも自分の力として身につけるためには経験が何よりも大切になります。
私たちが経験してほしいと思うことの全てが3年間の研修期間中に出そろうかどうか分かりません。しかし,例えば300例の麻酔を1年で経験する後期研修医と3年かける後期研修医を考えると,研修修了時に麻酔科医として力がついているのは前者でしょう。
内容にもよるという反論が成立しないように私たちは最大限の配慮をしています。心臓麻酔は研修開始3か月以内に担当してもらいますが,反面,2年目,3年目であっても大きな手術の麻酔ばかりということはありません。
皆さんの成長にとって何が大切かを常に考え,担当麻酔内容を決めています。
3. 他施設での研修
当院は地域中核病院ではありますが,手術領域によっては経験できる麻酔件数が極端に不足します。その対策として,他施設での研修を行っていただくことが可能です。また,集中治療のような麻酔以外の関連領域の研修を受けていただくことも可能です。皆さんの研修希望に合わせ,できる限りの調整を致します。

病院名 医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院
所在地 埼玉県上尾市柏座1-10-10
診療科目 内科 循環器内科 消化器内科 神経内科 糖尿病内科 腎臓内科 血液内科 呼吸器内科 感染症内科 腫瘍内科 人工透析内科 緩和ケア内科 心療内科 小児科 産婦人科 外科 整形外科 脳神経外科 心臓血管外科 消化器外科 乳腺外科 呼吸器外科 気管食道外科 肛門外科 内視鏡外科 泌尿器科 耳鼻いんこう科 頭頸部外科 眼科 形成外科 美容外科 皮膚科 麻酔科 救急科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科 臨床検査科 リハビリテーション科 歯科口腔外科
病院長 / 出身大学 徳永英吉 /日本大学
病床数 724床
病院ホームページURL http://www.ach.or.jp/
認定施設 日本内科学会認定医教育病院/日本循環器学会認定循環器専門医研修施設/日本消化器病学会専門医制度認定施設/日本神経学会教育施設/日本糖尿病学会認定教育施設/日本消化器内視鏡学会指導施設/日本肝臓学会認定施設/日本感染症学会研修施設/日本外科学会専門医制度修練施設/日本乳癌学会認定施設/日本消化器外科学会専門医修練施設/日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設/日本整形外科学会認定医研修施設/日本脳神経外科学会認定専門医研修プログラム関連施設/日本口腔外科学会認定関連研修施設/三学会構成心臓血管外科専門医施設認定/日本泌尿器科学会専門医教育施設/日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設/日本眼科学会専門医制度研修施設/日本形成外科学会教育関連施設/日本皮膚科学会認定専門医研修施設/日本麻酔科学会麻酔科認定病院/日本集中治療医学会専門医研修施設/日本救急医学会救急科専門医指定施設/日本緩和医療学会研修施設認定/日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関/日本核医学会専門医教育病院/日本がん治療認定医機構認定研修施設/日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士認定規則実地修練認定教育施設/JCNT 日本栄養療法推進協議会・NST稼働施設認定/日本静脈経腸栄養学会 NST稼動施設認定/日本周産期・新生児医学会認定/日本胆道学会認定指導医制度指導施設認定/日本頭頸部外科学会研修施設認定/日本動脈硬化学会専門医制度教育病院 マンモグラフィ検診施設/日本透析医学会専門医制度認定施設/日本腎臓学会研修施設/日本アフェレシス学会認定施設/日本急性血液浄化学会認定指定施設/日本臨床腫瘍学会認定研修施設/日本消化管学会 胃腸科指導施設など
プログラム種別 後期臨床研修
募集科目 麻酔科
身分
上尾中央総合病院 シニアレジデント(常勤医師)
勤務時間
月~金9:00~17:30(9:00~19:00 週2回遅番勤務あり)
土:9:00~13:00 ※当院常勤医師職員に準じた規定による。週4.5日~5日勤務(研究日相談:週0.5日)
当直
当直料別途支給 35,000円/1回(平日)
給与
シニアレジデント1年次 600,000円/月
シニアレジデント2年次 700,000円/月
シニアレジデント3年次 800,000円/月
休日
日曜、祝日
休暇
年末年始、夏季休暇、有給休暇:有(3ヶ月目に3日、6ヶ月目に7日、入職年度合計10日支給)
保険
埼玉県医師会健康保険組合・厚生年金・雇用保険・労災保険加入。療養還付金制度有。
医療賠償保険 病院にて加入。
赴任手当
有。当院規定により、入職時の転居費用30万円迄を負担。
諸手当

学会手当:年間8万円を上限として、学会参加費用を支給する。
住宅手当:8万円を上限として、家賃の半額を支給する(上尾市内在住限定)
その他

学会、研究会等への参加の際には年3日まで勤務扱いとする。
上尾中央総合病院、もしくは上尾中央医科グループ病院で勤務することも可能。