初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 消化器内科 | 関東地方 | 埼玉県 | 300~500床 |

[埼玉県川口市] 消化器内科 埼玉協同病院
●消化器内科の紹介

埼玉協同病院は「医療生協さいたま生活協同組合」のセンター病院であり、また県南の中核的な一般病院である。1次2次を中心とした救急車搬入台数は年間2800台に及び、消化管出血や黄疸を主訴とする患者も数多く来院するため、救急医療において消化器内科医の活躍する場面は非常に多い。
消化器専門外来において消化性潰瘍、炎症性腸疾患、肝疾患などの慢性期管理を行っているが、特に最近はウイルス性肝炎のインターフェロン治療を積極的に行っている。消化器癌診療では診断はもちろんのこと、胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術などの内視鏡治療、手術不能例への化学療法、緩和医療にも力を入れている。敗血症、重症急性膵炎や潰瘍性大腸炎で血液浄化療法が必要になる場面では、透析担当部門ともスムースに連携して治療に当たることができる。当院の医局は全科医師から構成されているため、外科医との相談も行いやすい環境にある。

当科では標準的な上部下部消化管内視鏡検査、ERCP、治療内視鏡を行うことができ、あらゆる消化器疾患患者の外来・病棟主治医として活躍できる消化器内科医を育成することを目指している。また内科医である以上、消化器以外の症候や疾患を持つ患者を診療する場面も少なからずあるので、総合的力量を向上させる目的で50~100床規模の県内拠点病院での研修を義務づけている。

●研修
日本消化器病学会専門医研修カリキュラムに準ずる。消化器科医師である前にすぐれた内科医であることを前提目標に、日本内科学会認定内科医資格取得はもちろんのことながら、個々の能力と熱意次第で内科学会総合内科専門医資格取得を目指すことも可能である。カリキュラムに準じて消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、さらに当院で習得が難しい分野については外部研修などを適宜行うことで、さらなるスペシャリティー資格を取得することも可能。

病院名 医療生協さいたま生活協同組合 埼玉協同病院
所在地 埼玉県川口市木曽呂1317番地
診療科目 一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、一般外科、脳神経外科、整形外科、小児科、精神科、産科・婦人科・泌尿器科・皮膚科・耳鼻咽喉科・眼科・麻酔科・リハビリ科・放射線科・病理科
病院長 / 出身大学 増田 剛(山梨大)
病床数 401床(一般351床 ・ 回復期リハビリテーション50床)
病院ホームページURL http://kyoudou-hp.com/index.htm/
認定施設 日本内科学会認定制度教育病院、日本糖尿病学会認定教育施設、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本外科学会専門医制度修練施設、日本病理学会研修登録施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、日本消化器病学会関連施設、日本整形外科学会研修認定施設、日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設、日本小児科学会専門医研修施設、日本周産期・新生児医学会補完研修施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本皮膚科学会認定専門医研修施設、日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設、日本リハビリテーション医学会研修施設、日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設、日本家庭医療学会 後期研修プログラム認定、日本臨床細胞学会認定施設、日本血液学会認定血液研修施設
プログラム種別 消化器内科 後期研修プログラム
募集科目 消化器内科
身分
常勤(後期研修医)
勤務時間
08:30~17:00(平日)
08:30~13:00(土曜日)
当直
当直あり(月4回)当直料別途支給
給与
3年目:800万円~
休日
実質週5.5日勤務(平日+土曜半日勤務)
休暇
年末年始、夏季休暇、有給休暇
住宅手当
あり
その他
学会出席可能