初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 外科系 | 外科 | 関東地方 | 埼玉県 | 300~500床 |

[埼玉県川口市] 外科 埼玉協同病院

【研修内容】
基本は日本外科学会専門医養成プログラムとする。

●卒後1年、2年
厚生労働省臨床研修制度に従った、埼玉協同病院での臨床研修プログラムを履修するものとする。(他医療機関での履修も可)

●25M~30M
埼玉民医連の定める拠点病院で、卒後2年間で獲得した医療技術、理念を存分に発揮し、当該病院の医療を支える。

●31M~42M
埼玉協同病院で以下のことを中心に身につける。
 

(1)急性期を担える医師として、初期研修期に習得しきれなかった技術を獲得する。
a)イレウス管の挿入
b)中心静脈カテーテルの挿入
・鎖骨下静脈穿刺を安全、迅速に行える
・中心静脈ポート増設ができる

c)超音波誘導下穿刺(胆嚢、膿瘍など)
d)上部消化管内視鏡(1診療単位で10件以上)
e)結腸内視鏡の一部

(2)主治医として活躍できるために
埼玉協同病院外科で手術する症例(待機、緊急ともに。別に定める:未完)の術前術後管理が指導医とともにできる

(3)診断技術
外科の関わる疾患の画像診断について、一定程度の読影ができる。(消化管造影、消化管内視鏡、超音波検査、CT、MRI、MMG) MMGに関しては読影Bを目指す

(4)手術手技-(1)(術者として)
a)通常の開腹、閉腹
b)鼠径ヘルニア
c)急性虫垂炎
d)開腹下胆嚢摘出術
e)結腸切除術(超低位前方切除術、直腸切断術を除く)
f)心臓ペースメ-カー留置
g)中心静脈ポート増設
h)腹腔鏡手術のトロッカー挿入、閉創
i)外傷
j)気管切開
k)平易な幽門側胃切除術
l)プローべ

(5)手術手技-(2)(助手として)
a)胃癌(幽門側、全摘出)
b)直腸癌(超低位前方切除術、直腸切断術)
c)乳癌
d)腹腔鏡下胆嚢摘出術
e)VATS
f)痔核手術(PPH含む)
g)腹部一般外科緊急手術(イレウス 消化管穿孔など)

(6)化学療法
主要疾患(胃癌、結腸癌、乳癌)の化学療法のプロトコールを理解し、処方できる

(7)緩和医療
主要疾患(癌)の終末期医療を理解し計画立案できる

(8)主要学会への参加、発表と、論文作成
(9)医局、病院各種会議、カンファレンスへの参加
(10)職業倫理、医療倫理の学習

●43M~54M~60M
(1)手術手技-(1)(術者として)
a)型どおりの幽門側胃切除術 結腸切除術 低位前方切除術 直腸切断術を術者として経験する
b)型どおりの腹腔鏡下胆嚢摘出術を術者として経験する
c)比較的軽症なイレウス、消化管穿孔など一般外科腹部消化器外科緊急手術を術者として経験する
d)透析用シャント増設 助手の後術者として経験する(業務化も検討)
e)型どおりの乳癌手術(Auchincloss?→要検討、調整)を術者として経験する
f)平易な肝部分切除術を術者として経験する
g)平易なVATS(ブラ切除)を術者として経験する(要検討、調整)
h)乳房温存手術を術者として経験する(要検討、調整)

(2)手術手技-(2)(助手として 1st 2nd問わない)
a)胃全摘出術、膵頭十二指腸切除術、肝切除術(葉切除、区域切除)を助手として経験する
b)肺手術を助手として経験する
c)腹腔鏡下胃切除術、結腸切除術、胆嚢結石症困難例を助手として経験する
d)一般外科腹部消化器外科緊急手術困難重傷例手術を助手として経験する

(3)外科subspecialityの検討
(4)外科学会専門医取得準備開始
(5)主要学会への参加、発表と、論文作成
(6)医局、病院、埼玉民医連の運営にも関わる
(7)後継者育成
(8)leadership
 

病院名 医療生協さいたま生活協同組合 埼玉協同病院
所在地 埼玉県川口市木曽呂1317番地
診療科目 一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、一般外科、脳神経外科、整形外科、小児科、精神科、産科・婦人科・泌尿器科・皮膚科・耳鼻咽喉科・眼科・麻酔科・リハビリ科・放射線科・病理科
病院長 / 出身大学 増田 剛(山梨大)
病床数 401床(一般351床 ・ 回復期リハビリテーション50床)
病院ホームページURL http://kyoudou-hp.com/index.htm/
認定施設 日本内科学会認定制度教育病院、日本糖尿病学会認定教育施設、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本外科学会専門医制度修練施設、日本病理学会研修登録施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、日本消化器病学会関連施設、日本整形外科学会研修認定施設、日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設、日本小児科学会専門医研修施設、日本周産期・新生児医学会補完研修施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本皮膚科学会認定専門医研修施設、日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設、日本リハビリテーション医学会研修施設、日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設、日本家庭医療学会 後期研修プログラム認定、日本臨床細胞学会認定施設、日本血液学会認定血液研修施設
プログラム種別 外科 後期研修プログラム
募集科目 外科
身分
常勤(後期研修医)
勤務時間
08:30~17:00(平日)
08:30~13:00(土曜日)
当直
当直あり(月4回)当直料別途支給
給与
3年目:800万円~
休日
実質週5.5日勤務(平日+土曜半日勤務)
休暇
年末年始、夏季休暇、有給休暇
住宅手当
あり
その他
学会出席可能