初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 循環器内科 | 関東地方 | 千葉県 | 300~500床 |

[千葉県松戸市] 循環器内科 千葉西総合病院

「Aim High!」
“Aim High”とは「高くめざせ」という意味で、アメリカ空軍が新兵を募る時のスローガンである。当院の研修実績としては、最短で日本内科学会認定医、同専門医、日本心血管インターベンション学会認定医、指導医を取得でき、学位希望者には院長自ら大学での社会人大学院へ紹介している。また、ほぼ全員が海外への学会にも参加している。指導スタッフは質・量ともに最高で、常勤16名のうち日本循環器学会専門医9名、JSIC指導医5名(申請中含む)は徳洲会で最多(全員院長の弟子)。冠動脈カテーテル治療、カテーテル・アブレーション、心臓手術全てが全国ランキングベスト20に入っているのは、徳洲会系列で当院のみである。また末梢血管のカテーテル治療は、他を大きく引き離して全国一位である。特にカテーテル治療は、徳洲会系第2位の札幌東病院、第3位の福岡徳洲会病院を大きく引き離し、第2、3、4位を合わせた数とほぼ同数。また、日本循環器学会総会への演題発表数は5年連続で徳洲会第1位。TBS「世界のスーパードクター」(2回出演)、テレビ朝日「神の手を持つ名医達」等10回以上テレビに紹介され患者は全国のみならず海外からも多数来院する。

症例が非常に多く、年間2,000件のカテーテル治療を行なう院長自ら毎日カテーテル室で、まさに「手に手をとって」直接指導するため、上達は極めて早い。23年には竣工費120億円をかけて、心臓カテーテル8室、集中治療ベッド100床を有する、総ベッド数608床という徳洲会最大の病院に生まれ変わる計画で、またIABP、PCPS搭載可能のヘリ”Flying ICU”の導入も検討している。


楽をしたい人、“その他大勢”で満足する人、は当院には合わない。豊富な症例数と経験豊かな指導者は専門医教育にとって必要不可欠であり、症例数が少なかったり、指導医が毎日院内にいないのではまともな研修はできない。圧倒的な症例数と徹底的なトレーニングにより“別格のハイレベルな循環器専門医”をめざす人のみ少数採用する。


病院名 社会医療法人社団 木下会 千葉西総合病院
所在地 千葉県松戸市金ケ作107-1
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、外科、心臓血管外科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科、歯科・歯科口腔外科、麻酔科
病院長 / 出身大学 三角 和雄(東京医科歯科大学)
病床数 408床
病院ホームページURL http://www.chibanishi-hp.or.jp/
認定施設 日本内科学会認定医療法人制度教育病院、日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設、日本プライマリ・ケア学会認定医研修施設、日本循環器学会循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設、日本不整脈学会不整脈専門医研修施設、日本老年医学会認定施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、3学会構成心臓血管外科専門医認定機構専門医修練施設、日本小児科学会認定専門医研修施設、日本産婦人科学専攻医指導施設、千葉県医師会母体保護法指定研修医療機関、日本整形外科学会専門医研修施設、日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本脳卒中学会研修教育施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本口腔外科学会専門医制度研修施設、日本眼科学会認定専門医研修施設、日本透析医学会認定医制度教育関連施設、日本臨床細胞学会認定施設、日本消化器病学会関連施設、日本消化器内視鏡学会認定施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設、日本透析医学会教育関連施設、日本病理学会認定研修施設、日本臨床細胞学会認定施設、日本麻酔科学会認定施設、日本神経学会認定施設取得予定、日本乳癌学会認定関連施設取得予定
プログラム種別 循環器内科 後期研修プログラム
募集科目 循環器内科

身分
千葉西総合病院 常勤医師
社会保険
健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
住居
医師宿舎有(病院より近距離)
単身、世帯者用社宅
住宅補助制度有
(但し、5万円を上限として、家賃の半額を手当として支給)
給与
3年次 月額570,000円 (諸手当込み+賞与年2回)
4年次 月額640,000円 (諸手当込み+賞与年2回)
5年次 月額700,000円 (諸手当込み+賞与年2回)
休暇
年間14日間の有給休暇有
※学会への参加は、原則として有給とする
団体保険
生命保険・自動車保険等の各種保険の利用が可能
クラブ活動
野球部・テニス部・サッカー部・フラワーアレンジメント部等の各種活動
医療費減免
病気入院・外来治療費について減免規定有