初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 消化器内科 | 近畿地方 | 大阪府 | 100~300床 |

[大阪府東大阪市] 消化器内科 若草第一病院
<特徴>
内視鏡センターでは、胆・膵疾患には近畿地方に数台しかない胆管鏡や膵管鏡を揃え、胆石には電気水圧衝撃波装置、癌や出血にはアルゴン・プラズマ凝固装置、肝臓癌にはラジオ波焼灼装置と最新の医療機器を導入しています。
また、 ダブルバルーン小腸内視鏡を近畿で2番目に、さらに穿刺用超音波内視鏡や経鼻内視鏡も導入しています。
最近では超音波内視鏡(EUS)やNBIシステム(Narrow Band Imagingシステム;狭帯域光観察)を導入しました。大学病院以上の内視鏡設備が整っていてありとあらゆる内視鏡手技を体得することができます。

検査数は年間約6,000件と豊富な検査数を誇っています。


<一般内科医としての基本手技に加え、一般消化器内科医としての基本的手技を身につける>

●1年目前半
(1)腹部エコーによる診断
(2)胃内視鏡の診断
(3)内視鏡的イレウス管挿入
(4)食道静脈瘤結紮術
●1年目後半
(1)内視鏡的胃瘻造設術(初期)
(2)大腸内視鏡の挿入(Sigmoid)
(3)内視鏡止血術(初期)(HSE局注療法等)

<消化器内科専門医としての手技を身につける(中級)>
●2年目前半
(1)内視鏡的胃瘻造設術(中級)
(2)全大腸内視鏡検査(初級)
(3)内視鏡止血術(中級)(APC、Heat-probe治療)
●2年目後半
(1)腹部エコー下治療(PTGBD、PTCD)
(2)胃瘻造設術(上級)
(3)全大腸内視鏡検査(中級)
(4)内視鏡止血術(上級)(クリップ治療)

<消化器内科専門医としての手技を身につける(上級)>
●3年目前半
(1)胆膵内視鏡の診断と治療(ERCP、ERBD等)
(2)全大腸内視鏡検査(上級)
(3)胃ポリープ粘膜切除術(EMR)
●3年目後半
(1)超音波内視鏡の診断と治療(EUS-CPN等)
(2)親子方式胆膵内視鏡による診断と治療
(3)ダブルバルーン式小腸内視鏡による診断と治療
(4)大腸ポリープ粘膜切除術(EMR)

---日本消化器病学会専門医---
---日本消化器内視鏡学会専門医(会員歴5年で取得)---
病院名 社会医療法人若弘会 若草第一病院
所在地 大阪府東大阪市若草町1-6
診療科目 内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、小児科、 外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、婦人科、皮膚科、形成外科、 放射線科、麻酔科(麻酔科標榜医 安達陽亮)、リハビリテーション科、救急科、病理診断科、 脳卒中センター、内視鏡センター、救急センター
病院長 / 出身大学 山中英治 /関西医科大学
病床数 230床(大阪府認定 特定集中治療室8床)
病院ホームページURL http://www.wakakoukai.or.jp/daiichi/
認定施設 日本内科学会認定医教育関連病院、日本循環器学会循環器専門医研修施設、日本消化器内視鏡学会指導施設、日本消化器病学会専門医制度認定施設、日本本呼吸器学会認定施設、日本呼吸器内視鏡学会関連施設、日本感染症学会研修施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本静脈経腸栄養学会NST(ニュートリションサポートチーム)稼動施設認定病院、日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士認定教育施設、日本栄養療法推進協議会NST稼働施設 、日本整形外科学会認定研修施設、日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院、日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関、日本核医学会専門医教育病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設 基幹教育施設、日本気管食道科学会認定専門医研修施設、日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設、日本プライマリ・ケア連合学会認定医研修施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本麻酔科学会麻酔科認定病院、日本アレルギー学会認定準教育施設など
プログラム種別 消化器内科シニアコース
募集科目 消化器内科
身分
常勤職員(1年ごとの契約更新)
給与
・【後期研修1年目】 621,500円/月
・【後期研修2年目】 682,200円/月
諸手当
当直手当:有、
時間外手当:有
賞与:年2回支給
保険
各種保健への加入
その
白衣貸与(クリーニング無料)

食事(院内食堂)補助あり
駐車場あり
院内学会、日帰り又は一泊旅行、食事会など