初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 内科系その他 | 関東地方 | 神奈川県 | 100~300床 |

[神奈川県横浜市] 老人医療を主体とするジェネラリスト養成コース 汐田総合病院
<老人医療を主体とするジェネラリスト養成コース>
2007年をピークに日本の人口が減少に転ずるといういまだかって経験したことのない時代を迎えるとともに、日本が先進諸国の中でも早いスピードで高齢化社会へ突入する事から、老人医療のあり方はこれまで以上に国民的な課題となり、老人医療に精通した医師が求められています。
また、臨床研修制度の改革を契機に、若手の医師の間にも専門科や専門技術に偏り過ぎないジェネラリストを志向する医師も増えてきており、当院では今後、需要が増えてくると思われる老人医療を主体としたジェネラリスト養成コースを後期研修のプログラムのひとつとして設置し、これまでにないユニークで実践的な後期研修のあり方を模索します。
民医連の医療機関として弱者を切り捨てない、患者様の人権を守るスタンスを継続してきたことから、老人医療に関しては一定の診療経験の蓄積がありますが、ここ数年以内に新しく開設した、老健やすらぎ、回復期リハ病棟、また療養病棟(2006年4月開設)を活用した研修プログラムを組みます。

<一般目標>
・ジェネラリストとしてのプライマリーケアを習得する。(成人、老人)
・老人医療に関して、在宅、病棟、施設と幅広く研修することにより、高齢者総合機能評価に精通し、セミプロフェッショナルなレベルまでの知識、経験、技術を習得する。老人医療と介護の場面での倫理問題の解決方法を研鑽する。
・脳卒中については当院の特徴を活かし、救急からリハビリ、再発予防の慢患管理まで一貫した経過を研修し、国民病としての脳卒中診療への理解を深めるとともに、医学的な研修にとどまらず、患者様の生活背景や社会保障制度、チーム医療のリーダーとしてのスタンスを研修する機会とする。

<具体的内容>


 
病院名 公益財団法人横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院
所在地 神奈川県横浜市鶴見区矢向1-6-20
診療科目 内科・神経内科・小児科・精神科・外科・整形外科・脳神経外科・婦人科・皮膚科・耳鼻咽喉科・眼科・歯科・泌尿器科・リハビリテーション科
病院長 / 出身大学 窪倉孝道 /弘前大
病床数 261床(一般153、回復期58、療養病床50)
病院ホームページURL http://www.ushioda.or.jp/
認定施設 管理型臨床研修指定病院・日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練場所・日本脳卒中学会研修教育病院認定施設・日本神経学会専門医制度教育施設・日本内科学会認定医制度教育関連病院・日本外科学会専門医制度関連施設・日本整形外科学会専門医制度研修施設・日本眼科学会専門医制度研修施設・日本消化器内視鏡学会指導施設
プログラム種別 老人医療を主体とするジェネラリスト養成コース
身分
常勤医師
給与
卒後3年:870万、卒後5年:920万
勤務時間
9:00~17:00
当直
3回/月
*当直料は給与に含む
休日
祝日を含む4週8休(協力病院の場合若干異なる)
保険
社会保険あり
休暇
年末年始休暇・夏季休暇・有給休暇
その他
学会・セミナー年3回まで補助あり
住宅補助あり
赴任手当あり