初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 内科・総合内科 | 近畿地方 | 大阪府 | 300~500床 |

【大阪府泉佐野市】内科系 りんくう総合医療センター
<目的>

内科系は診療内容の高度化に伴い専門分化傾向が進んできたことにより、内科全般を総合的に診療できる医師の必要性が求められている。また、それぞれの臓器別の内科系専門医となる場合でも内科系全体についての深い理解が必要であることは論をまたない
当院の内科は、血液内科(院内標榜)、腎臓内科(院内標榜)、及び内分泌代謝内科であり、専門科に分化している。内科系のほとんどの科が揃っていることから、これらの専門科のローテーションを行うことにより、内科全体としての、知識や技能を総合的に高めようとするのが目的である。

当院は日本内科学会認定医制度教育病院であり、教育病院での初期研修後
当院で1年研修後認定内科医の受験資格が、さらに認定内科医取得後3年(このうち最低1年は教育病院での研修が必要)で認定内科専門医の受験資格が取得できる。

<概要>
初期研修で不十分と思われる科について重点的に強化する、また、将来専門と考える科を中心にもう少し広い範囲でローテーションを組むことなども個々に相談により考えます。
希望の各科を6ヶ月ずつ回るのを基本であるが、場合によっては3~4ヶ月のローテーションも考慮する。また、研修期間についても3年間が基本であるが、希望により1~2年のコースも考慮する。
また、当院は近畿中央胸部疾患センターと後期研修の協力契約を結んでおり、希望があれば当院の研修期間に6ヶ月ないし1年間同センターでローテーションとして呼吸器疾患の研修を行うことが可能である。

1例として
1年目、循環器科6ヶ月、消化器科6ヶ月
2年目、呼吸器科6ヶ月、近畿中央胸部疾患センター6ヶ月
3年目、血液内科6ヶ月、内分泌代謝内科 6ヶ月 など

病院名 地方独立行政法人 りんくう総合医療センター
所在地 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
診療科目 総合内科・感染症内科、内分泌代謝内科、腎臓内科、血液内科、肺腫瘍内科、神経内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、外科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、人工関節センター、形成外科、呼吸器外科、小児科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、口腔外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科、救命診療科、国際診療科
病院長 / 出身大学 八木原 俊克/大阪大学
病床数 388床
病院ホームページURL http://www.rgmc.izumisano.osaka.jp/
認定施設 日本医療機能評価機構認定病院、日本内科学会認定医制度教育病院、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本腎臓学会研修施設、日本血液学会血液研修施設、日本透析医学会認定医制度教育関連施設、日本呼吸器学会関連施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設、日本大腸肛門病学会認定施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設、日本乳癌学会認定施設、呼吸器外科専門医制度基幹施設、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本臨床腫瘍学会認定研修施設、日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練場所(A項)、日本脳卒中学会研修教育病院、日本整形外科学会認定医制度研修施設、日本リウマチ学会教育施設、日本リハビリテーション医学会研修施設、 日本形成外科学会認定施設、日本産科婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設、日本産科婦人科学会専門医制度認定施設、日本小児科学会認定医制度研修施設、日本周産期・新生児医学会専門医制度周産期新生児指定研修施設、日本周産期・新生児医学会専門医制度周産期母体・胎児基幹研修施設、日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設、日本アレルギー学会認定教育施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設、日本病理学会認定病理医制度認定病院B、日本臨床細胞学会認定施設、日本麻酔科学会麻酔科認定病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本内分泌外科学会内分泌甲状腺外科専門医制度認定施設 、日本高血圧学会専門医認定施設、腹部ステントグラフト実施施設、日本食道学会全国登録認定施設、日本静脈経腸栄養学会、NST稼動施設、日本感染症学会連携研修施設、日本救急医学会救急科指導医指定施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本外傷外科学会専門医研修施設など
プログラム種別 内科後期研修プログラム
募集科目 内科
雇用
卒後3年目~4年目 非常勤医員(1年更新契約)
卒後5年目以降 常勤医師(研修開始2年間は1年更新契約)
給与
卒後3年目840万円程度
卒後4年目910万円程度
卒後5年目1,180万円程度
通勤手当、住居手当、扶養手当除く
宿直月1回、宿日直月1回、時間外勤務月40時間で算出
社会保険
非常勤医員(厚生年金、健康保険、雇用保険、労災)
常勤医師(共済年金、共済健康保険、雇用保険、公務災害補償)
宿舎
有。単身用(ワンルーム)自己負担 18,500 円(光熱費、火災保険料除く)