初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 外科系 | 外科 | 近畿地方 | 大阪府 | 300~500床 |

【大阪府泉佐野市】外科 りんくう総合医療センター
<特徴>
当院における後期臨床研修の特徴のひとつは、大阪大学外科学講座と連携し、外科専門医育成プログラムの中で研修が行われることです。
年間手術症例数は600-750例と、様々な分野において数多くの症例を経験することができます。

<手術実績>

上部(食道・胃・十二指腸)

食道癌

5

胃・十二指腸潰瘍

10

胃悪性腫瘍

52

その他

14

 

下部(小腸・大腸・肛門)

結腸癌

49

直腸癌

30

その他悪性腫瘍

2

大腸良性疾患

68

イレウス

11

 

 

 

肝胆膵

肝細胞癌

8

肝内胆管癌

1

転移性肝癌

6

胆管癌

3

膵癌

3

胆石・胆嚢炎

77

 

乳腺甲状腺

乳癌

68

甲状腺癌

27

乳腺良性腫瘍

7

甲状腺良性病変

5

 

小児外科

鼠径ヘルニア

34

臍ヘルニア

(修復術・絆創膏固定術)

15

虫垂炎

8

肛門周囲膿瘍

5

尿膜管遺残

4

腸重積

2

直腸ポリープ

1

 

 

 

その他

ヘルニア

124

腹膜炎

7


 

また、院内においては心臓血管外科、呼吸器外科とも密に連携しており、各種専門医取得に必要な症例数を経験することができます。
1997年の新病院移転以来、手術技術の先進性追求に努力してきました。近年の普及めざましい腹腔鏡手術に関しては、 tele-surgery systemを通じて国際学会ならびに大学、他施設へ手術手技を公開してきました。 最近では乳癌のラジオ波治療などの先進医療に積極的に取り組んでいます。
また後期研修医は日々の臨床研修のみならず、動物の臓器を用いた消化管吻合トレーニング実験動物を用いた鏡視下手術トレーニングなども行われています。
スタッフのみならず後期研修医も積極的に臨床研究を企画し、学会発表、論文発表を重ねています。
 
いわゆる後期研修医としての修練は、サブスペシャリティーを目指すための基礎であると同時に、 サブスペシャリティーの専門医取得のための修練をも同時に開始することになります。
当科では外科専門医を最短年限で取得することを最低条件として、 消化器外科専門医あるいは乳腺専門医を最短年限で取得することを目標に修練していただくことになります。
病院名 地方独立行政法人 りんくう総合医療センター
所在地 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23
診療科目 総合内科・感染症内科、内分泌代謝内科、腎臓内科、血液内科、肺腫瘍内科、神経内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、外科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、人工関節センター、形成外科、呼吸器外科、小児科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、口腔外科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科、救命診療科、国際診療科
病院長 / 出身大学 八木原 俊克/大阪大学
病床数 388床
病院ホームページURL http://www.rgmc.izumisano.osaka.jp/
認定施設 日本医療機能評価機構認定病院、日本内科学会認定医制度教育病院、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本腎臓学会研修施設、日本血液学会血液研修施設、日本透析医学会認定医制度教育関連施設、日本呼吸器学会関連施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設、日本大腸肛門病学会認定施設、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設、日本乳癌学会認定施設、呼吸器外科専門医制度基幹施設、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本血管外科学会、日本臨床腫瘍学会認定研修施設、日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練場所(A項)、日本脳卒中学会研修教育病院、日本整形外科学会認定医制度研修施設、日本リウマチ学会教育施設、日本リハビリテーション医学会研修施設、 日本形成外科学会認定施設、日本産科婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設、日本産科婦人科学会専門医制度認定施設、日本小児科学会認定医制度研修施設、日本周産期・新生児医学会専門医制度周産期新生児指定研修施設、日本周産期・新生児医学会専門医制度周産期母体・胎児基幹研修施設、日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設、日本アレルギー学会認定教育施設、日本泌尿器科学会専門医教育施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設、日本病理学会認定病理医制度認定病院B、日本臨床細胞学会認定施設、日本麻酔科学会麻酔科認定病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本内分泌外科学会内分泌甲状腺外科専門医制度認定施設 、日本高血圧学会専門医認定施設、腹部ステントグラフト実施施設、日本食道学会全国登録認定施設、日本静脈経腸栄養学会、NST稼動施設、日本感染症学会連携研修施設、日本救急医学会救急科指導医指定施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本外傷外科学会専門医研修施設など
プログラム種別 外科後期研修プログラム
募集科目 外科
雇用
卒後3年目~4年目 非常勤医員(1年更新契約)
卒後5年目以降 常勤医師(研修開始2年間は1年更新契約)
給与
卒後3年目840万円程度
卒後4年目910万円程度
卒後5年目1,180万円程度
通勤手当、住居手当、扶養手当除く
宿直月1回、宿日直月1回、時間外勤務月40時間で算出
社会保険
非常勤医員(厚生年金、健康保険、雇用保険、労災)
常勤医師(共済年金、共済健康保険、雇用保険、公務災害補償)
宿舎
有。単身用(ワンルーム)自己負担 18,500 円(光熱費、火災保険料除く)