初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 消化器内科 | 関東地方 | 神奈川県 | 300~500床 |

[神奈川県川崎市] 消化器内科 川崎幸病院
<後期研修目標>

・消化器疾患全般において、専門医に値する知識・技術を身につけ、患者さんから信頼されうる医療を提供できるようにする。
・消化器疾患に関する専門医として必要とされる知識を身につけ、病歴聴取、身体所見、検査結果等から、正確な診断をし、適切な治療計画がたてられるようにする。
・消化器領域における専門医として必要な手技に関して、適応と偶発症を熟知し、その手技を習得する。
・内視鏡的止血術や内視鏡的胆道ドレナージ等の緊急内視鏡検査・治療を行えるようにする。
・消化器病に関する研究会や学会で発表し、論文の作成も行う。
・日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会の専門医取得を目標とする。

<研修プログラム>
指導医の指導のもと、消化器疾患全般における診断のプロセス、治療法の選択について研修します。
症例カンファレンス、内視鏡カンファレンスにて、深い考察力を養います。

シニアレジデントは、それぞれの検査・治療に関しては、適応と偶発症、手技の手順を事前に学習しておく。シニアレジデントが検査・治療を行う際には、必ず 指導医と一緒に行う。指導医は、シニアレジデントが、検査・治療に関する知識を身につけ、手技が出来るようになったかチェックする。Step up方式で研修を行う。

<1年目>
・消化器疾患に対する専門的知識を習得する。
・救急外来での診療を指導医の指導のもと行う。
・指導医の指導のもと入院患者に対して適正な検査計画を立てて治療を行う。
・消化管透視、腹部エコーの読影、基本手技を習得する。
・CT、MRI等の画像診断を習得する。
・内視鏡検査・治療に対する知識を習得する。
・上部内視鏡検査を指導医の指導のもと行う。
・ERCPの介助を行う。
・肝生検、PTCD、PTGBDの介助を行う。
・症例カンファレンス、内視鏡カンファレンスにてプレゼンテーションの仕方を学び、深い考察力を養う。
<2年目>
・消化器内科外来を行う。
・上部消化管出血に対する止血術を指導医の指導のもと行う。
・大腸内視鏡検査を指導医の指導のもと行う。
・ERCPを指導医の指導のもと行う。
・肝生検、PTCD、PTGBDを指導医の指導のもと行う。
・症例に対する知識を深め、研究会や学会等で症例発表を行う。
<3年目>
・上部消化管に対するEMRや大腸ポリペクトミーを指導医の指導のもと行う。
・内視鏡的胆道ドレナージ術や胆管結石砕石術を指導医の指導のもと行う。
・臨床研究の立案を行い、研究会や学会で発表する。また論文作成も行う。
<4年目>
・早期胃癌に対するESDを指導医の指導のもと行う。
・内視鏡的胆道ドレナージ術(メタリックステント留置)や内視鏡的乳頭ラージバルーン拡張術を指導医の指導
のもと行う。
・論文作成を行う。

<特色>
日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本肝臓学会等の各分野における専門医がおり、消化器全般に関する先進医療を提供しています。
特に内視鏡診断・治療には力を入れており、早期胃癌や早期大腸癌に対しては、拡大内視鏡、 NBI(狭帯域光観察)等を用いてより正確な診断を行い、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)にて治療しております。胆道系疾患においてはERCPの症例数 も多く、年間450件以上行っております。巨大結石や積み上げ結石に対するEPLBD(内視鏡的乳頭ラージバルーン拡張術)や急性胆嚢炎に対する ENGBD(内視鏡的経鼻胆嚢ドレナージ術)等の先進的な治療も行っております。また、緊急対応を要する消化管出血に対して、24時間365日緊急内視鏡 検査を行える体制をつくっており、内視鏡的止血術を行っております。その他にも、急性膵炎、炎症性腸疾患、急性肝炎等の重症化する可能性のある疾患に関し ても迅速に対応し適切な治療を行っております。

病院名 社会医療法人財団石心会 川崎幸病院
所在地 神奈川県川崎市幸区大宮町31番地27
診療科目 内科、外科、循環器内科、脳神経外科、心臓血管外科、麻酔科、泌尿器科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、腎臓内科、人工透析内科、消化器外科、内視鏡外科、腫瘍外科、肛門外科、乳腺外科、病理診断科、救急科、放射線診断科、放射線治療科、整形外科、形成外科、呼吸器外科、血管外科
病院長 / 出身大学 笹栗 志朗/東京医科歯科大学
病床数 326床 内、ICU24床(一般ICU8床、ACU①8床、CCU8床)、SCU9床、HCU8床、ACU②8床
病院ホームページURL http://saiwaihp.jp/
認定施設 厚生労働省指定:臨床研修指定病院(基幹型)、日本内科学会認定医制度教育関連施設、日本消化器病学会専門医制度認定施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設、日本カプセル内視鏡学会認定指導施設など他多数
プログラム種別 後期研修プログラム
募集科目 消化器内科
  
常勤医師
研修期間
4年
勤務時間
日勤8:30~17:00
夜勤:17:00~翌9:00
休日・休暇

4週8休制、夏季休暇、年末年始、有給休暇
※研究日等、詳細はご相談に応じます。

社会保険
・健康保険、雇用保険、労働保険あり
・医師賠償責任保険:病院加入あり、個人加入必須
宿  
近隣賃貸物件を紹介(法人借り上げ物件は家賃の一部補助制度有り)
福利厚生
健康診断、学会等参加可(参加費補助有)