初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 神経内科 | 関東地方 | 神奈川県 | 500床以上 |

[横浜市旭区] 脳神経内科 横浜旭中央総合病院
<目的と特徴>
当院では、脳血管障害、てんかん発作、脳炎、髄膜炎、頭痛、意識障害をはじめとする神経救急疾患にめぐまれており、症例が豊富であります。
脳血管障害はストロークパスを使用して脳神経内科が脳梗塞、脳神経外科が脳出血・くも膜下出血を担当し、各パラメディカルが参加したストロークユニットによるチーム医療を行っています。
また、障害者病棟ではパーキンソン病、脊髄小脳変性祥、筋萎縮側索硬化症などの神経難病を数多く経験することができます。

神経難病に関しては近隣地域医療機関と連携し、在宅医療に協力しています。
昭和大学藤が丘病院神経内科の関連施設でもあり、緊密な連携をとっているので神経疾患全般にわたる幅広い研修が可能であります。
特殊治療として眼瞼痙攣、片面顔面麻痺、斜頚に対してボツリヌス毒素(ボトックス注)の注射の研修が可能であります。

当院は日本神経学会認定教育施設であり、本カリキュラムを通して神経内科専門研修を行うことにより、日本神経学会認定神経内専門医の資格取得を目標とします。また、専門医試験を受けるには、日本内科学会認定医の取得が必須条件のため、初年度は内科の他の専門内科と協力して症例経験をつむことも可能であります。

後期研修終了後は、神経内科と関連した大学、研究施設、病院などで、神経内科臨床・臨床研究・基礎研究を続けることが望まれるため希望する大学、病院への紹介を可能な範囲でおこないます。
また、希望があれば当院採用も可能であります。

<研修到達目標>
後期研修では以下の内容を身につけ、研修終了後には神経内科専門医取得可能となる。

1.ミニマムリクアイアメントで定めた神経学的症候や病態の意味を正しく理解し、適切な神経学的所見をとることができる。

2.神経生理、神経放射線、神経超音波、神経病理、神経遺伝学をはじめ、各種神経学的検査結果の意味・解釈や治療の内容を理解できる。またミニマムリクアイアメントで定めた検査、治療、手技は自ら施行し、適切な判断を下すことができる。

3.適切な確定診断を行い、治療計画を立案し適切な診療録を作製できる。ミニマムリクアイアメントで定めた疾患については主治医として十分な診療経験を有している。

4.診断・治療方針の決定困難な症例や神経内科救急をはじめ迅速な対応が必要な症例などにおいて、自科の専門医、他科の医師に適切にコンサルトを行い、適切な対応ができる。

5.コメディカルと協調、協力する重要性を認識し、適切なチーム医療を実践できる。

6.患者から学ぶ姿勢を持ち、患者と患者の周囲の者に対するメンタルケアの大切さを知り、実践できる。

7.神経的障害をもった患者の介護・管理上の要点を理解し、在宅医療を含めた社会復帰の計画を立案し、必要な書類を記載できる。

8.神経内科救急疾患における診察の仕方、処置の仕方について学び、実践できる。

9.医療安全、倫理、個人情報保護の概念、医療経済について必要な知識を有する。

10.カリキュラムの修得度を定期的に自己評価するとともに、指導医の評価も受けつつ、自己研鑽を積み重ねる。

⒒ミニマムリクアイアメントは、全項目中80%以上においてAもしくはBを満たす研修を積むことができるよう、自施設における習得が不十分な内容は、神経学会をはじめ関連学会の主催する教育講演、生涯教育講演、ハンズオンセミナーなどに積極的に出席し、学習する。

≪検査業務≫
神経伝道速度、筋電図、脳波(判読)

≪カンファレンス≫ ・ストロークユニットモーニングカンファ(毎朝8時50分から、休日除く)
・研修医症例検討会(毎週月曜日午後5時30分から)
・研修医カンファレンス(毎週土曜日午前11時から)
・院内症例検討会(毎月第一月曜日午後5時30分から)
・CTC(適宣おこなう)

<研修記録と終了評価>
・神経内科専門医を目指す研修医は神経学会のホームページにあるミニマムリクアイアメントをダウンロードし3年間で全ての項目の研修ができるよう目標を定める。
・指導医は、年度毎にミニマムリクアイアメント達成状況を確認し、過不足なく研修ができるよう努める。
・3年間の研修修了時、もしくは自施設を研修医が移動する際に、指導医は神経学会のホームページより研修修了証明書をダウンロードし、必要事項を記載の上、研修医に渡す。
・ 評価記録の記載されたミニマムリクアイアメントと研修修了証明書は神経内科専門医を受験する際に必要となる可能性があるので、研修医と指導医は大切に保管すること。

※後期研修の途中に他の教育施設、准教育施設、教育関連施設から移動してきた研修医に対し、指導医は前施設におけるミニマムリクアイアメントの到達度を把握して、個別のカリキュラムを作成することが望ましい。
病院名 医療法人社団明芳会 横浜旭中央総合病院
所在地 神奈川県横浜市旭区若葉台4-20-1
診療科目 内科 、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、腎臓内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、アレルギー科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、血液浄化療法、人間ドック 、特定健診
病院長 / 出身大学 山中 太郎/山梨大学
病床数 515床 (一般397床、回復期リハビリテーション58床、療養60床)
病院ホームページURL http://www.ims-yokohama-asahi.jp/
認定施設 日本内科学会認定医制度教育関連病院、日本循環器学会循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設、日本消化器病学会認定施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設(認定施設)、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設 、呼吸器外科専門医制度関連施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、日本肝臓学会認定施設、日本神経学会専門医制度教育施設、日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院 、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本大腸肛門病学会認定施設、日本乳癌学会認定医専門医制度認定施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本形成外科学会認定施設、日本脳神経外科学会専門医研修施設、日本脳神経血管内治療学会 専門医制度研修施設、日本認知症学会教育施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本皮膚科学会認定専門医研修施設、日本麻酔科学会認定病院、日本リハビリテーション医学会認定研修施設など他多数
プログラム種別 後期研修プログラム(内科)
募集科目 内科
研修期間
3年
待遇
・後期研修医として採用(常勤医師に準じる)
・年俸 700万(初年度)
・当直手当別途支給
・各種社会保険加入
勤務
・週4,5日勤務制
・有給休暇有