初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 循環器内科 | 関東地方 | 神奈川県 | 500床以上 |

[横浜市旭区] 循環器内科 横浜旭中央総合病院
<特徴>
当科のスタッフ医師の出身大学はさまざまで、大学医局派閥や徒弟制度のような上下関係もなく自由な雰囲気に溢れており、それゆえに標準的循環器医療を行えるようカンファレンスを定期的に開催し、コミュニケーションが容易となるような環境作りをしています。

<研修課題>
【1年目】
循環器救急対応(救急室)、循環器病棟およびICU管理と非侵襲的検査・治療を主に学びます。研修到達度に応じて心臓カテーテル検査などの侵襲的検査・治療の補助を行います。
【2年目】
指導医のもとで侵襲的検査を主術者として施行でき、冠動脈/末梢動脈インターベンションおよび永久ペースメーカ移植術の助手ができるようになることが目標です。IABPやPCPS挿入補助およびそれらを用いた血行動態管理も行います。

【3年目】
単独で侵襲的検査ができるようになり、指導医のもとで急性冠症候群(ACS)と予定PCI/EVTおよび永久ペースメーカ移植術、IABPやPCPS挿入などを主術者として施行できることが目標です。

≪非侵襲的検査≫
1.トレッドミル運動負荷心電図検査
2.ホルター心電図
3.心エコー検査
4.薬物負荷心筋シンチグラム
5.肺・換気血流シンチグラム
6.冠動脈造影CT
7.六分間歩行試験
8.ヘッドアップチルト検査
など

≪侵襲的検査≫
1.心臓カテーテル検査(両心カテーテル検査、冠動脈造影検査)
2.肺動脈および末梢動脈造影検査
3.植え込み型ループレコーダー移植術

<その他>
学会や研究会への積極的な参加や発表を奨励します。 後期研修3年間の後半に、電気生理検査やカテーテルアブレーションなどの経験のため一定期間(3‒6か月)の関連他施設での研修も希望に応じて対応します。
<取得可能資格>
•認定内科医
•認定内科専門医
•日本循環器学会専門医:日本循環器学会認定 循環器専門医研修施設
•インターベンション学会認定医:日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)研修関連施設
病院名 医療法人社団明芳会 横浜旭中央総合病院
所在地 神奈川県横浜市旭区若葉台4-20-1
診療科目 内科 、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、腎臓内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、アレルギー科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、血液浄化療法、人間ドック 、特定健診
病院長 / 出身大学 山中 太郎/山梨大学
病床数 515床(一般397床、回復リハビリテーション58床、療養60床)
病院ホームページURL http://www.ims-yokohama-asahi.jp/
認定施設 日本内科学会認定医制度教育関連病院、日本循環器学会循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設、日本消化器病学会認定施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設(認定施設)、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設 、呼吸器外科専門医制度関連施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、日本肝臓学会認定施設、日本神経学会専門医制度教育施設、日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院 、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本大腸肛門病学会認定施設、日本乳癌学会認定医専門医制度認定施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本形成外科学会認定施設、日本脳神経外科学会専門医研修施設、日本脳神経血管内治療学会 専門医制度研修施設、日本認知症学会教育施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本皮膚科学会認定専門医研修施設、日本麻酔科学会認定病院、日本リハビリテーション医学会認定研修施設など他多数
プログラム種別 後期 循環器科プログラム
募集科目 循環器科
研修期間
3年
待遇
・後期研修医として採用(常勤医師に準じる)
・年俸 700万(初年度)
・当直手当別途支給
・各種社会保険加入
勤務
・週4,5日勤務制
・有給休暇有