初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 外科系 | リハビリテーション科 | 関東地方 | 神奈川県 | 500床以上 |

[横浜市旭区] リハビリテーション科 横浜旭中央総合病院
<目標と特徴>
リハビリテーションとは、re- 再び、-habilis- ラテン語で「適する」の意、ation- こと、合わせて「再び適すること」という意味である。
リハビリテーション科は、種々の疾患により障害を負った患者が「再び適する状態に近づく」ことに対して医学的サポートを実践する科である。
2年間の初期臨床研修を修了した医師を対象に「臨床に強いリハビリテーション科専門医」を育成することを目的とする。併せて、日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医資格取得を目指す。

<指導体制>
常勤医師2名(専門医1名)、非常勤医師(専門医2名)が指導にあたる。
当院は日本リハビリテーション医学会 研修指定施設である。

<一般目標>
回復期リハビリテーション(以下リハ)病棟の主治医を通して多くの臨床経験を積み、リハ医療をよく理解した臨床医を目指す。また、リハ医療に役立つ基本知識と技術を習得できるよう関連各科の研修を経験する。

<行動目標>


1.基本事項

  • 原疾患および合併症の医学的管理を行う。
  • 問題点を機能障害、能力障害、社会的不利に分類する。
  • リハ医療に関連する職種とその内容を理解する。
  • 臨床業務やリハカンファを通してチームアプローチを知る。
  • 他科との医療連携を経験する。
  • 廃用症候群の弊害を知る。
  • 脳卒中による運動障害、感覚障害、協調障害、失語症、高次脳機能障害、嚥下障害、日常生活動作などの予後を知る。
  • 脊髄損傷の損傷部位と達成活動レベルとの関係を知る。
  • 骨盤下肢骨折急性加療後の回復経過、予後を知る。
  • COPDの包括的リハアプローチを知る。
  • 希望により、その他リハアプローチを経験する。

⒉評価


以下の評価方法を知り実践する。

  • 面接技法
  • 徒手筋力検査
  • 関節可動域
  • 神経学的所見
  • 中枢性麻痺評価
  • 失語症評価
  • 高次脳機能評価
  • 嚥下評価
  • ASIA機能評価
  • ADL評価
  • 家屋評価
  • GOLD分類など
 

⒊リハ分野処方
薬物療法や酸素療法の処方と同様に、理学療法・作業療法・言語療法・義肢装具・車椅子処方は医師の処方箋が必須である。
各療法、各補装具の特徴、効果、限界を理解し処方できることを目指す。

⒋検査・手技
移乗・移動基本技術。嚥下造影・内視鏡。神経伝導検査。筋電図検査。神経・筋ブロック。頭部CT・MRI読影。脊髄MRI読影。骨盤下肢X-P読影。胸部X-P・CT読影。呼吸機能検査など。

⒌学術
リハ科専門医取得に必要な、日本リハ医学会学術集会での発表2回以上、リハ関連学術誌論文掲載1回以上を目指す。併せて日本リハ医学会研修会、関連学会への参加を実践する。

<カリキュラム>

1年目
リハ科研修 6か月(関連施設を含む)

1~3年目(医師3年目~5年目)
脳神経内科、呼吸器内科、整形外科、脳神経外科(循環器内科、小児科、泌尿器科などは相談による)の中から2科を選択し、1年6か月~2年関連各科を研修する。(関連施設を含む)

3年目(医師5年目)
当院にての研修(但し希望により、東京女子医大あるいは関連病院において、3か月程度の研修も可能である)

4年目(医師6年目)
リハ科専門医受験

5年目(医師7年目)
サブスペシャリティ修得、研究活動など、個々の希望にそってカリキュラム立案する。
病院名 医療法人社団明芳会 横浜旭中央総合病院
所在地 神奈川県横浜市旭区若葉台4-20-1
診療科目 内科 、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、腎臓内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、アレルギー科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、血液浄化療法、人間ドック 、特定健診
病院長 / 出身大学 山中 太郎/山梨大学
病床数 515床(一般397床、回復リハビリテーション58床、療養60床)
病院ホームページURL http://www.ims-yokohama-asahi.jp/
認定施設 日本内科学会認定医制度教育関連病院、日本循環器学会循環器専門医研修施設、日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設、日本消化器病学会認定施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設(認定施設)、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設 、呼吸器外科専門医制度関連施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、日本肝臓学会認定施設、日本神経学会専門医制度教育施設、日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院 、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本大腸肛門病学会認定施設、日本乳癌学会認定医専門医制度認定施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本形成外科学会認定施設、日本脳神経外科学会専門医研修施設、日本脳神経血管内治療学会 専門医制度研修施設、日本認知症学会教育施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本皮膚科学会認定専門医研修施設、日本麻酔科学会認定病院、日本リハビリテーション医学会認定研修施設など他多数
プログラム種別 後期 リハビリテーション科プログラム
募集科目 リハビリテーション科
待遇
・後期研修医として採用(常勤医師に準じる)
・年俸 700万(初年度)
・当直手当別途支給
・各種社会保険加入
勤務
・週4,5日勤務制
・有給休暇有