初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 外科 | 長野県 | 300~500床 |

【長野県佐久市】  外科 佐久総合病院

<概要>
当院の外科は、消化器 3 グループ(上部消化管、下部消化管、肝胆膵)、心臓血管、胸部(呼吸器・乳腺・甲状腺)、小児外科の 6 グループに分かれています。医師は特定の大学からの派遣ではなく、初期・ 後期研修医から引き続き当院に勤務する医師、自分から当院を希望してスタッフになった医師より構成されています。そのため上からの決定でなく、グループそれぞれが自分たちの目標を持ち、その達成に向けて努力する自由な雰囲気を持っています。またグループ間で協力できる強みもあります。

東信地域全体の外科医療の中心になっているため、緊急手術も多く年間手術件数は 2000 例を超えて います。外科専門医を取得するのに十分な症例数を確保できるだけにとどまらず、基本的なソケイヘ ルニア、急性虫垂炎の手術から鏡視下の高度な癌の手術、心臓外科手術まで外科医に必要なほとんど の手術を経験できます。執刀の機会もかなり多くあります。

地域の病院で一般外科を目指したい医師、専門分野を決める前に一通りの手術を経験したい医師、外 科腫瘍学の一部として手術の経験をしたい医師、特定の手技を極めたい医師、いずれの希望にも対応 可能です。救命救急センターとの連携で ER やドクターヘリを経験すること、内視鏡内科で消化器内 視鏡検査を研修することなども可能です。学会活動も盛んで、国内で、あるいは海外でも第一線の分 野もあり、この方面で実力を発揮したい医師にもよいでしょう。
後期研修終了後は外科のスタッフとして勤務することも可能です。スタッフになると病院負担で国内 外での専門施設で一定期間研修できることもあります。
佐久医療センターが 2014 年 3 月から開院しました。地域医療の歴史の長い佐久総合病院、その原点 から様々な方面へ大きなポテンシャルをもって発展してゆこうとがんばっています。仲間に加わってみませんか。

<研修スケジュール>
6 か月間毎で上記の 5~6 グループをローテートします。希望や受け入れ側の状況で変わることもあります。各グループの研修内容を以下に示します。

<研修スケジュール>

①消化器外科
1)上部消化管グループ:
食道・胃疾患に対する外科手術を担当しています。年間の症例数は食道疾患が 10 数例、胃疾患が約 120 例となっています。悪性疾患が大部分を占めており、2013 年より食道癌に対しては胸腔鏡下食道切除を標準術式としています。胃癌に対しては、術前診断にてリンパ節転移の認められない、T2(筋層浸潤)までの腫瘍に対して、腹腔鏡下胃切除を施行しています。2013 年の 実績では、102 例の胃癌切除で、48 例の腹腔鏡手術が施行されました。16 例の胃粘膜下腫瘍に対し ては全て腹腔鏡手術が行われましたが、そのうちには腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)も含まれていま す。
後期研修では、上記の豊富な手術症例を担当して、今後専門とする消化器外科の手術手技を中心とした治療を身につけることを目指します。現在の消化器外科とくに消化管の外科では、腹腔鏡手術手技 は外科医が習得しなければならない必須のスキルであり、当科・当グループでの研修をその目的のた めに活用したいと考える後期研修医を歓迎します。

2)下部消化管グループ:
将来及び現在に悩んでいる外科医及び外科医希望医師に対して、自らの人生をかけて一流の手術を提 供できる外科医を目指す医師を募集。田舎の住民でも世界に通用する医療を提供することをモットー にしている。
スタッフは現在、5 名在籍。大腸グループでは、結腸・直腸の良性/悪性手術を年間 400 症例の手術 を行っている。腹腔鏡手術施行率は 95%であり、悪性腫瘍手術に限っては 99%になる。内訳は年間、 結腸癌 110 例・直腸癌 80 例施行し、腹腔鏡手術の割合は結腸:100%,直腸:98%である。大腸穿孔による 糞便性腹膜炎にも開腹創のない腹腔鏡手術を全例施行し、良好な術後経過をえている。さらにヘルニ ア(そけい・大腿・閉鎖孔・腹壁瘢痕ヘルニア・傍ストーマヘルニア)も今年から頻回に施行されて おり、年間 150 症例に及ぶ全症例を腹腔鏡で行っている。手術は通常、毎日行っている。
とにかく、丁寧で確実な手術手技を身につけた外科医を養成することが目的です。手術を行うには周 術期における病棟管理が必須条件になる。周術期の検査・管理を徹底することで、合併症が少なく早 期に社会復帰ができることを目標においている。

3)肝胆膵グループ:
各種画像検査(CT、US、MRIなど)、血液検査、生理検査、病理検査などから診断を行い、治療 方針ならびに手術術式を決定する。
手術に必要な解剖を理解し、基本手技を修得することにより、助手あるいは執刀医として手術を遂行 します。特に肝胆膵疾患手術における深部や繊細な組織に対する視野の展開や基本手技の修得を重要 と考えている。
主な手術は、肝臓・胆嚢・膵臓疾患、特に悪性疾患に対する手術加療。肝臓年間 40~50 例、膵頭十 二指腸切除 25~30 例などがある。その他に腹腔鏡下胆嚢摘出術が、年間 150~200 例ある。 肝臓の動注療法、全身化学療法の修得も行う。

②心臓血管外科グループ
外科専門医を取得するに当たって、必要な心臓・大血管、末梢血管手術の基礎を学び、基礎的手術手 技を習得することを目的とする。
当院外科のそれぞれのチームでの修練期間は基本的に 6 ヶ月ですが、心臓血管外科はやや特殊な立場 にあり、他のチームと調整がつく場合には 3 ヶ月での研修も可とする。

[3 ヶ月研修]
・心臓血管外科手術症例を 1 週に 1 例、担当医として受け持ち、心臓弁膜症、虚血性心疾患、胸部大 動脈瘤、腹部大動脈瘤、末梢血管それぞれの基礎的知識を学ぶ。
・術前精査、周術期管理、術後治療について症例を通して習得する。特に他の外科領域と異なる循環 管理、心不全治療等について重点的に習得する。
・外科手術手技については以下を目標とする。

(ア)開心術(心臓手術) ① 開胸手技(皮膚切開~心膜切開まで)、② 閉胸手技(止血、胸骨閉鎖~皮膚閉創)、③ 第 2 助手
(イ)胸部大動脈瘤手術 ① 開胸、閉胸手技、② 第 2 助手
(ウ)腹部大動脈瘤 ① 腹部切開・閉創、② 第 2 助手、可能であれば第 1 助手、③ 末梢側の人工血管・腸骨動脈吻合
(エ)末梢動脈疾患 ① 第 1 助手、② 末梢血管、人工血管・末梢血管吻合、③ 急性動脈閉塞に対する血栓除去術の術者
(オ)静脈瘤 ① 第 1 助手、② 術者
(カ)その他の侵襲的手技 ① 胸腔穿刺、② 中心静脈ラインの挿入
(キ)Wet Lab(ブタ心臓・大血管を使用)を用いた各種手技の習熟 ・勉強会、抄読会、学会

(ア)循環器グループ勉強会にて 1 回、テーマを決めてプレゼンテーション
(イ)毎週行われる循環器グループ抄読会にて英文論文を月 1 編以上
(ウ)胸部外科地方会等院外の学術的集会での発表

[6 ヶ月研修]
3 ヶ月研修に加えて以下を目標とする。
・外科手術手技 (ア)術者
① 腹部大動脈瘤切除術
② 末梢動脈人工血管バイパス術
(イ)部分的術者
① 心臓手術における体外循環のカニュレーションまでの手技
② 冠動脈バイパス術における静脈グラフト採取(内視鏡的)
(ウ)第 1 助手 ① 全ての心臓血管外科手術
・学術的活動
(ア)胸部外科地方会にて症例報告を行ったのち、同症例の論文を作成、学術雑誌へ投稿する。

③胸部外科グループ
1)呼吸器外科:
手術は年間約 160 例で、そのうち約 100 例が肺癌手術。肺癌手術の約 8 割が胸腔鏡下手 術となっている。標準開胸下の肺癌手術、すなわち肺葉切除+リンパ節郭清術を修得することを目標 とする。 (半年の研修で約 10 例)また、各種の胸腔ドレナージ(気胸、外傷、胸膜炎など)を多数経 験し確実に行えるようになる。専門研修として呼吸器外科を選択した場合には、胸腔鏡下肺葉切除術 の修得を目指す。

2)乳腺外科:
研修の目標 乳腺疾患の診療の基本が理解でき、指導医のもとで手術を執刀することができ、周術期 管理を行うことができる。
研修期間:6 か月間、乳腺外科志望の場合は 1 年間も可 研修内容:超音波、マンモグラフィの読影、診断 手術の助手、術者となる
術式:乳房切除術、乳房温存術、センチネルリンパ節生検、腋窩郭清 術者になる手術は週1~2例 術後管理を行う 標準的なホルモン療法、化学療法を理解する 標準的なホルモン療法、化学療法の指示を出し、支持療法を行う(1 年間の場合)
針生検(CNB、マンモトーム)を行う
外来で2次検診を行う
資格等 :外科専門医の乳腺疾患の十分な症例数を得られる
努力すればマンモグラフィ、超音波の読影認定医の資格を得られる
乳癌学会認定施設での研修期間となる
日本乳癌学会で発表を行う(1年間の場合)

④小児外科グループ
小児外科では生まれたばかりの新生児から 16 歳未満の中学生までの外科的治療を行っている。胸部 腹部の心臓以外の臓器を取り扱うため、疾患は多岐にわたる。
1)まず、年齢、性別、現病歴、身体所見より、鑑別疾患を列挙する。さらに必要な検査を選択、実施 することにより確定診断を得る。
2)全ての手術に助手として参加し、年齢に応じた組織・臓器の脆弱性や、解剖の特殊性を理解する。
3)患児の年齢、今後の成長、手術侵襲の大きさを考慮したうえで、適切な周術期管理を行う。
4)小児外科疾患の中で症例数の多い、鼠径へルニアや陰嚢水腫、臍ヘルニア、停留精巣などの手術を 執刀医として経験する。
5)小児急性腹症の診断および治療(内科的治療、外科的治療を含む)を行う

病院名 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久総合病院
所在地 長野県佐久市臼田197番地
診療科目 総合診療科、一般内科、呼吸器内科、循環器内科、代謝・内分泌内科、腎臓内科・リウマチ・膠原病内科、東洋内科、神経内科、一般外科、消化器外科、肛門外科、整形外科、脳神経外科、ペインクリニック科、形成外科、歯科口腔外科、精神神経科、、小児科、皮膚科、眼科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、地域ケア科、人間ドック科
病院長 / 出身大学 伊澤敏 (岐阜大学卒)
病床数 351床 ※一般163床、回復期リハ病棟40床、112床(稼働70床・休床42床)、人間ドック36床
病院ホームページURL http://www.shmc.jp/
認定施設 日本内科学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本血液学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本超音波医学会、日本胆道学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本呼吸器学会、日本神経学会、日本緩和医療学会、日本がん治療認定医機構、日本カプセル内視鏡学会、日本外科学会、日本消化器外科学会、心臓血管外科専門医認定機構、呼吸器外科専門医合同委員会、日本乳癌学会、日本形成外科、日本手外科学会、日本脳卒中学会、日本救急医学会、日本集中治療医学会、日本航空医学会、日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本心臓血管麻酔学会、泌尿器科学会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本リハビリテーション医学会 ほか
プログラム種別 外科後期研修プログラム 
募集科目 外科
身  
正職員
給  与  
1 年次 404,584 円 
2 年次 469,064 円 
3 年次 523,544 円(内視鏡内科には別規定あり) 
諸 手 当
賞 与 : あり
その他 : 医師寮および医師住宅の貸与も可能 (空き状況による)、制服貸与
諸手当 : 住宅手当、家族手当、当直手当、通勤手当 ほか
休  日・休  暇
休 日 :4週7休制
【後期研修修了後の進路について】
3 年間で後期研修医としての当院との契約は終了します。 当院での継続勤務を希望される方には、再面接の上、スタッフ採用が可能です。