初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 消化器内科 | 長野県 | 300~500床 |

【長野県佐久市】 内視鏡内科 佐久医療センター

<目的>
内視鏡を中心とする消化管内科専門医として必要な最先端の知識技術を習得する

<対象>
内科学会認定医取得者もしくはそれと同等の経験を有する者で、全国トップレベルの消化管内科専門医を目指す医師。

<研修期間>
原則として3年間

<到達目標>

  • 消化管疾患全般の病態、診断および治療を理解し、適切な診療を行う知識と技術を習得する。
  • 消化管癌の正確な病期診断を行い、内視鏡的治療、外科的治療、化学療法、放射線療法、緩和医療など集学的な治療を理解した上で、適切な治療を選択し内科的治療を行う。
  • 標準的な化学療法を理解し、適切な治療法を選択、施行し得る知識を得る。
  • 上下部内視鏡、上部 X 線透視の基本を学び、その撮影技術を習得する。
  • 通常内視鏡、NBI 等の Image Enhanced Endoscopy を併用した拡大内視鏡診断をはじめとした最先端の内視鏡診断技術を身につける。
  • 超音波内視鏡による、壁深達度、リンパ節転移診断技術を習得する。
  • 消化管出血に対する適切な止血法技術を習得する。
  • ESD の基本的技術を習得し、胃適応病変のみでなく、適応拡大病変や他部位(食道や大腸など)の ESD を安全に完遂できる技術を身につける。
  • 内視鏡的な粘膜下腫瘍核出術や経口的食道筋層切開術(POEM)、さらには腹腔鏡との合同手(LECS) にも取り組む。
  • 生検標本および ESD 切除標本を自ら鏡検し、組織学的診断技術を習得するとともに、組織と内視鏡 所見との詳細な対比から、新たな知見を得るための学術的検討力を身につける。
  • 日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会および日本食道学会にて学会発表を行い、専門医を取得する。
  • 3年目には米国消化器病週間(DDW)や欧州消化器病週間(EUGW)にて発表を行う。
  • 1年目には症例報告、2年目以降は原著論文を執筆する。

    <研修スケジュール>

    <A.病棟>

  • 指導医とともに病棟患者を担当する。
  • 夜間および休日の病棟当番を適宜担当する。

    <B.外来>

  • 外来診療を適宜担当し消化器疾患外来の知識を身につけるとともに、緊急患者の初期対応を行う。

    <C.内視鏡>

  • 上部、下部とも、最新鋭の拡大内視鏡を用いて検査を行う。
  • 上級医の指導下に上部、下部内視鏡検査のトレーニングを行う。
  • 十分な技量を有すると判定された場合は、単独で検査を担当する。
  • 超音波内視鏡検査では深達度のみならず、リンパ節転移診断のトレーニングも平行て行うう。
  • 緊急内視鏡の見学、介助を経て術者を担当する。
  • ポリープ切除、ESD、RIC、POEM 等の内視鏡手術の見学、介助を経て、術者を担当する。
  • ESD では、まず豚胃を用いたトレーニングを行う。
  • 次に指導医の元で、15分間の治療を担当する。
  • 適応病変に対して、先発完投を目指す。
  • 切除標本の実体顕微鏡撮像、切り出しを行う。
  • 毎年、海外から招聘され、内視鏡診断・治療の教育を行っており、2年次以降は助手として海外出張に随行する。このため、内視鏡手技の指導、質疑応答は全て英語で行う。

    <D.各種カンファレンス>

  • 生検カンファレンス(週1回) :
    内視鏡所見を適切に解説し、どのような組織像が得られるのかを推察した後に、顕微鏡像を提示し、内視鏡所見と組織所見の対比を全例に行う。

  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)カンファレンス(週1回) :
    内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)症例 について、内視鏡所見と病理所見の一対一対応を行い、内視鏡診断および病理診断能を向上させる。 海外からの研修生が滞在中は、全てのカンファレンスを英語で行う。
  • キャンサーボード(週1回):
    内視鏡内科、消化器内科、腫瘍内科、放射線科、消化器外科の合同カ ンファレンスを毎週行い、進行癌患者の治療方針を合同で検討する。研修生は受け持ち患者の病態 をまとめ、問題点を簡潔かつ正確にプレゼンテーションする。
  • 抄読会(週1回) :
    消化器内視鏡に関する Top journal の抄読会を毎週行い、20分以内に原著論文 の主旨を適格に解説する。
  • 部長 Lecture:臨床研究を行う際の研究デザイン検討や、学会発表の準備、論文指導を行う。

    <E.学会発表>

  • 1年次:地方会発表と和文症例報告を執筆する。
  • 2年次:総会発表と和文原著論文を執筆する。上級医の海外出張時に助手として参加する。
  • 3年次:米国消化器病週間(DDW)や欧州消化器病週間(EUGW)で発表し、英文論文を執筆する。

    <専門医教育施設の認定状況>
    当院は、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会、 日本カプセル内視鏡学会の指導施設となっている。

  • 病院名 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久医療センター
    所在地 長野県佐久市中込3400番地28
    診療科目 呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科・血液内科・糖尿病、内分泌内科、緩和ケア内科・内視鏡内科・腫瘍内科・消化器内科・リウマチ膠原病内科・神経内科・小児科・呼吸器外科・甲状腺外科・小児外科・心臓血管外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・泌尿器科・産科・婦人科・耳鼻咽喉科・放射線診断科・放射線治療科・麻酔科・リハビリテーション科・歯科口腔外科
    病院長 / 出身大学 渡辺 仁/群馬大学
    病床数 450床(救命救急病棟20床、GICU16床、HCU20床、NICU6床、GCU12床、感染症病床4床、一般病床372床)
    病院ホームページURL http://www.shmc.jp/
    認定施設 日本内科学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本血液学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本超音波医学会、日本胆道学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本呼吸器学会、日本神経学会、日本緩和医療学会、日本がん治療認定医機構、日本カプセル内視鏡学会、日本外科学会、日本消化器外科学会、心臓血管外科専門医認定機構、呼吸器外科専門医合同委員会、日本乳癌学会、日本形成外科、日本手外科学会、日本脳卒中学会、日本救急医学会、日本集中治療医学会、日本航空医学会、日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本心臓血管麻酔学会、泌尿器科学会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本リハビリテーション医学会 ほか
    プログラム種別 内視鏡内科後期研修プログラム
    募集科目 内視鏡内科
    身  分  
    正職員
    給  与  
    1 年次 404,584 円 
    2 年次 469,064 円 
    3 年次 523,544 円(内視鏡内科には別規定あり) 
    諸 手 当
    賞 与 : あり
    その他 : 医師寮および医師住宅の貸与も可能 (空き状況による)、制服貸与
    諸手当 : 住宅手当、家族手当、当直手当、通勤手当 ほか
    休  日・休  暇
    休 日 :4週7休制
    【後期研修修了後の進路について】
    3 年間で後期研修医としての当院との契約は終了します。 当院での継続勤務を希望される方には、再面接の上、スタッフ採用が可能です。