初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| 内科系 | 内科・総合内科 | 内科系その他 | 長野県 | 300~500床 |

【長野県佐久市】 腫瘍内科 佐久医療センター

<目的>
(ア)固形がんの診断と治療方針決定に至るプロセスを学ぶ。
(イ)固形がんに対する集学的治療を学ぶ。

<研修期間 >
原則としては 3 年間とする。ただし、最低 3 ヶ月としてローテーションの一環としての研修も可能である。

<到達目標>
(ア)がんの診断に必要な検査を依頼し、検査結果を適切に解釈することができる。
(イ)進行度別の標準的治療の概要を理解する。
(ウ)標準的な化学療法を理解する。
① 標準的な治療法を容易に提示できる。
② 各化学療法薬剤の基本的な知識を習得する。
③ 適応と禁忌を学ぶ。
④ 期待できる効果を説明できる。
⑤ 主な有害事象とその対策を学ぶ。
(エ)がん患者におきやすい合併症とその対策を理解する。
(オ)オンコロジーエマージェンシーの対策を学ぶ。
(カ)放射線療法を理解する ① 照射スケジュール(線量、照射範囲、化学療法との併用)を提示できる。
② 治療計画装置を用いて、指導医と共に放射線治療計画が立てられる。
③ 治療を受けるメリットと有害事象について説明できる。
(キ)緩和ケアを実践する。
① がん患者の苦痛を包括的に評価できる。
② がん性疼痛の評価を行い、治療することができる。
③ 疼痛以外の身体症状の評価を行い、初期対応ができる。
④ 精神症状の評価を行い、初期対応ができる。
⑤ 在宅での緩和ケア・ターミナルケアを経験する。
(ク)その他
① がん診療に必要な主なガイドラインなどを通読し、基本を理解する。また、いつでも必要な情報にアクセスできるようにする。

<具体的な研修内容>
(ア)病棟患者の担当
① 腫瘍内科で入院するがん患者を担当する。
② 上級医のバックアップのもと、病棟患者を主治医として担当し、入院での化学療法の実施や緩和ケアを行う。
③ 夜間および休日の病棟当番を適宜担当する。
(イ)外来
① 適宜紹介患者および予約外受診患者の対応を行う。
② 自身の外来を開設し、外来化学療法を実践する。(6 ヶ月以上)
(ウ)がん診療に必要な検査を見学または実施する。
① 各種検査・手技の習得。
② 検査の適応・禁忌を理解する。
③ 必要な前処置を理解する。
④ 検査の手順、患者への侵襲を理解し、患者に説明できる。
⑤ 腹腔および胸腔穿刺やドレナージが安全に施行できる。
⑥ 中心静脈カテーテル留置、中心静脈リザーバー造設が安全に施行できる。
(エ)カンファレンス・抄読会
① 病棟入院患者のカンファレンス:週1回
② キャンサーボード 消化管・肝胆膵・婦人科・泌尿器科 各1回
③ 臨床腫瘍学抄読会:週1回
④ 総合腫瘍検討会:月2回
(オ)専門医取得のための研修 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医を取得希望の者は、当科で取り扱わない悪性腫瘍(呼吸器 悪性腫瘍、造血器悪性腫瘍、乳癌腫瘍)については、担当診療科へのローテーションで研修する。
(カ)学会発表 3 ヶ月の研修では地方会での症例報告を、6 ヶ月以上の研修では全国学会での発表を目指す。

病院名 長野県厚生農業協同組合連合会 佐久医療センター
所在地 長野県佐久市中込3400番地28
診療科目 呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科・血液内科・糖尿病、内分泌内科、緩和ケア内科・内視鏡内科・腫瘍内科・消化器内科・リウマチ膠原病内科・神経内科・小児科・呼吸器外科・甲状腺外科・小児外科・心臓血管外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・泌尿器科・産科・婦人科・耳鼻咽喉科・放射線診断科・放射線治療科・麻酔科・リハビリテーション科・歯科口腔外科
病院長 / 出身大学 渡辺 仁/群馬大学
病床数 450床(救命救急病棟20床、GICU16床、HCU20床、NICU6床、GCU12床、感染症病床4床、一般病床372床)
病院ホームページURL http://www.shmc.jp/
認定施設 日本内科学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本血液学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会、日本消化管学会、日本超音波医学会、日本胆道学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本呼吸器学会、日本神経学会、日本緩和医療学会、日本がん治療認定医機構、日本カプセル内視鏡学会、日本外科学会、日本消化器外科学会、心臓血管外科専門医認定機構、呼吸器外科専門医合同委員会、日本乳癌学会、日本形成外科、日本手外科学会、日本脳卒中学会、日本救急医学会、日本集中治療医学会、日本航空医学会、日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本心臓血管麻酔学会、泌尿器科学会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本リハビリテーション医学会 ほか
プログラム種別 腫瘍内科後期研修プログラム (内視鏡内科・内科関連研修)
募集科目 腫瘍内科
身  分  
正職員
給  与  
1 年次 404,584 円 
2 年次 469,064 円 
3 年次 523,544 円(内視鏡内科には別規定あり) 
諸 手 当
賞 与 : あり
その他 : 医師寮および医師住宅の貸与も可能 (空き状況による)、制服貸与
諸手当 : 住宅手当、家族手当、当直手当、通勤手当 ほか
休  日・休  暇
休 日 :4週7休制
【後期研修修了後の進路について】
3 年間で後期研修医としての当院との契約は終了します。 当院での継続勤務を希望される方には、再面接の上、スタッフ採用が可能です。