初期研修医・後期研修医のための求人・転職コンサルタント@レジデント・キャリア
トップページ>求人検索

| その他科目 | 麻酔科 | 大阪府 | 300~500床 |

【大阪府高槻市】麻酔科 高槻病院

<研修概要>
1.
専門研修基幹施設である社会医療法人愛仁会高槻病院は多数の診療科を持ち,一般的な各科の手術から特殊な手術まで,多種類の麻酔症例を学ぶことができる。
特殊なも のとして周産期母子医療センター(NICU、MFICU)やPICUを備えているため小児外科、小児脳神経外科の手術麻酔症例も多く存在することがあげられる。また手術室に隣接してICUも備えておりICUやPICUで集中治療を学ぶことができる。
専門研修連携施設の社会医療法人愛仁会千船病院も周産期母子医療センターを備え、 産科症例が多くハイリスク妊婦分娩や無痛分娩等の産科麻酔を学ぶことができる。またペイン外来も行っており、ペインクリニック、緩和医療も学ぶことができる。

2.
専門研修連携施設の社会医療法人明石医療センターは心臓血管外科症例が豊富であり集中して心臓血管麻酔を学ぶことができる。また胸部外科手術・帝王切開術ともに症 例数が多くこれらも学ぶことができる。本プログラムでは専攻医の研修状況などに合わせこれら3施設の特徴を生かしてロー テーションを構築することにより必要な症例数を効率的に達成することが可能となる。
定期的な学習機会としては各病院において術前カンファレンスや症例検討会、勉強会、 抄読会、関連診療科とのカンファレンスを行うのみならず3施設合同の症例検討会などを行っている。その他にも各病院や社会医療法人愛仁会主催の各種研修会や他の研修会に参加し学ぶことができ、これらの研修や病院内シミュレーションセンター、インター ネット等を使用し様々な学習を行うことが可能である。また学術活動として研修中はできるだけ日本麻酔科学会学術集会や支部学術集会に参加し筆頭者として学術集会で発表を行うか論文発表を行うことが求められる。
さらに本プログラムでは専門研修基幹病院と明石医療センターで心臓血管麻酔を学ぶ一環として本研修期間中に日本及び米国周術期経食道心エコー資格認定取得を目指すことができる。地域医療に関しては専門研修基幹病院と明石医療センターが地域医療支援病院であり、本研修プログラムでは地域に根差したこれらの病院で研修することで、地域医療で求められる診療において必要とされる適切な知識と技量に裏付けられた麻酔診療の実 施を行う能力を身に着けることができる。

<専門研修中の年次毎の知識・技能・態度の修練プロセス >
専門研修中の年次毎の知識・技能・態度の修練プロセス 専攻医は研修カリキュラムに沿って、下記のように専門研修の年次毎の知識・技能・ 態度の到達目標を達成する。

◆専門研修 1 年目 手術麻酔に必要な基本的な手技と専門知識を修得し,ASA1〜2度の患者の通常の定 時手術に対して、指導医の指導の元、安全に周術期管理を行うことができる。

◆専門研修2年目 1 年目で修得した技能、知識をさらに発展させ、全身状態の悪い ASA3度の患者の周術期管理やASA1〜2度の緊急手術の周術期管理を、指導医の指導のもと,安全に行うことができる。

◆専門研修 3 年目 心臓外科手術、胸部外科手術、脳神経外科手術、帝王切開手術、小児手術などを経験し、さまざまな特殊症例の周術期管理を指導医のもと、安全に行うことができる。また、ペインクリニック、集中治療、救急医療など関連領域の臨床に携わり、知識・技能を修得する.

◆専門研修 4 年目 3 年目の経験をさらに発展させ、さまざまな症例の周術期管理を安全に行うことがで きる。基本的にトラブルのない症例は一人で周術期管理ができるが、難易度の高い症例、緊急時などは適切に上級医をコールして、患者の安全を守ることができる。

<専門研修プログラムの運営方針>
・4年間の研修のうち専門研修基幹施設では最低2年間の研修を行う。
・専門研修基幹施設では一般的な各科の麻酔、小児麻酔などを含む特殊な麻酔、 PICU、ICU管理等を学ぶ。
・一般的な麻酔以外に専門研修連携施設の社会医療法人愛仁会千船病院では産科麻酔、ICU管理、ペインクリニック等を、社会医療法人明石医療センターでは心臓血管麻酔、胸部外科麻酔、ICU管理等を学ぶ。
・地域医療支援病院である専門研修基幹病院と明石医療センターでの研修を通し、地域医療における麻酔診療のニーズ及びその実施について理解を深める。
・研修内容・進行状況に配慮して,プログラムに所属する全ての専攻医が経験目標に必要な特殊麻酔症例数を達成できるように,ローテーションを構築する。

<研修実施計画例>
【週間予定表・高槻病院の例】
・月~金曜日、朝
術前カンファレンス(毎朝)・症例検討・勉強会・抄読会(2回/月)
・午前、午後 手術室
・土曜、日曜、祝日は休み 。 ・関連診療科との症例検討会 プレネイタルカンファレンス(2回/月)、その他必要時あり。
・病院が実施する研修として 月曜・木曜の昼に院内ランチタイムレクチャー 、平日時間外や土曜に外部講師を招いた院内セミナー等(不定期)、院内医療倫理講習会(1回/年)、院内医療安全管理研修会(2回/年)、院内感染対策研修会(2回/年)
・法人が実施する研修として、土曜に各種研修会(数回/年)あり。 ・その他 土曜、日曜に外部セミナー等自主参加可能

<専門研修プログラムの運営方針>
高槻病院、専門研修指導医4名
◆小児(6歳未満)の麻酔 265症例
◆帝王切開術の麻酔 72症例
◆心臓血管手術の麻酔 (胸部大動脈手術を含む)61症例
◆胸部外科手術の麻酔 59 症例
◆脳神経外科手術の麻酔 52症例
特徴: 診療科数が多く様々な種類の手術の麻酔を経験できる。周産期母子医療センタ ーでもあり小児症例も多い

病院名 社会医療法人 愛仁会 高槻病院
所在地 大阪府高槻市古曽部町1丁目3番13号
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内分泌内科、腎臓内科、神経内科、精神科、小児科、新生児小児科、小児外科、小児脳神経外科、産婦人科、外科、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、形成外科、リハビリテーション科、放射線診断科・放射線治療科、病理診断科、麻酔科
病院長 / 出身大学 髙岡 秀幸
病床数 一般病床・477床
病院ホームページURL http://www.takatsuki.aijinkai.or.jp/index.html
認定施設 日本内科学会認定医制度教育病院、日本小児科学会専門医研修施設、日本皮膚科学会専門医研修施設、日本精神神経学会専門医制度研修施設、日本外科学会専門医制度修練施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本脳神経外科学会専門医制度研修関連施設、日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関、日本麻酔科学会麻酔科認定病院、日本病理学会専門医制度研修認定施設(B)、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本形成外科学会教育関連施設、日本リハビリテーション医学会専門医研修施設
募集科目 麻酔科
【採用時労働環境】
【身分】:医員(常勤医)
【勤務時間 】:平日 8時30分~17時
【休日】:土曜・日曜・祝日休み
※勤務病院により外科か内科かICU当直または麻酔オンコールあり
【給与 】法人規定により支給約720万円(卒後3年目)、約800万円(卒後4年目)、約880万円(卒後5年目)賞与・当直手当など含む
【保険 各種保険適用】
【その他】宿舎 あり(法人社宅規定に準じる)